こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

自撮り棒撮影コツをつかんで売上げにつなげる

こんにちは。
レフズ 太田順孝です。

写真が人に与える印象は大きい…

1枚の写真が人の感情を動かす…といっても過言ではありません。

最近、パンフレットなど撮影にしても
プロのカメラマンを使うことが多くなりました。

その方が、
費用対効果が高いものに
つながるものになることが多いからです。

そうなると、
たかが写真…されど写真
ブログにしても、SNSにしても
何気なく撮るのではなく、
写真1枚にも少しはこだわってみたいものです。

本日は、そんな写真に関するお話を。

レフズ太田順孝

名刺セミナー講師

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋)にて
あなた(の仕事に)興味を持ってもらえる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■「集客名刺の記事まとめ
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/
■「経営者コラム」(さまざまな経営者さんに聞きました)
http://www.refs.jp/industry/tatami-marketing/
■「リピート集客に関する記事
http://www.refs.jp/sales-promotion/repeat-customers/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
http://www.refs.jp/contact/

 

プロカメラマンに上手く写真を撮るコツなどを聞いてみました。

いつも一緒に仕事をしている
プロのカメラマンにいろいろと
上手く写真を撮るコツなどをいろいろと聞いてみました。

まず、一番大事なのは

「写真の構図」

これを知っているか知らないかで、写真の印象は大きくかわります。
つまり、商用写真では、構図によって効果(売上げ)も変わってくる

…そう言い切れます!

前回記事を参照

自撮りができない場合は
一緒にいる方や、周りの方にお願いするのもひとつの手

ですが、周りに迷惑かけたくないし
自分都合のお願いはしづらい…

共感自撮りの補助ツールとして
このような自撮りアイテムも定番化しましたね。

jidori_003
自撮り棒…今でも大人気ですね♪

さて自撮りのコツ、豆情報として

 

とにかく強く撮り続ける!

誰でも、『自分が一番よく見える角度』を持っています。
実はコレ、綴りだすとかなりのボリュームになるので
今回は触れませんが、
食事などの際、右の歯で噛みグセがある人は…コチラの角度から撮る方が良いなど
角度のコツはたくさんあります。

自分撮りが苦手だという人は、
まだその『自分が一番よく見える角度』に気づいていないだけ。

1度や2度の撮影で『もう……上手く撮れない!』と諦めず、
「納得できるまで撮り続けること」が一番のコツかもしれません。

見る人の興味を惹くため「黒目を大きくする」

しばらく目を閉じてから開けると、瞳孔が開いて大きな黒目になるそうです。
人は興味のあるものを見ると、瞳孔が開くとのこと。
瞳孔が開いた写真は、見る人が自分に興味があるように錯覚を起こす効果があるそうです。

明るいところで撮る!

部屋の中でも、なるべく昼間の自然光が入るところで撮影するのがコツ。
暗いところで撮った写真は、ブレたり、見る人に暗い印象に与えてしまうことも。

また、明るすぎると、白く飛んで顔の凹凸やラインが不明瞭になります。
太陽光は、肌をきめ細かに見せる効果もあるとか。

ひざの上に、白い紙などをのせる!

アルミ箔で簡易レフ板を作る人もいるようですが、反射が強くなりすぎるようです。
発泡スチロールがベスト!という声も。
肌をきれいに見せる効果も期待できます。(白いハンカチでも代用可)

明るいところで撮る!

部屋の中でも、なるべく昼間の自然光が入るところで撮影するのがコツ。
暗いところで撮った写真は、ブレたり、見る人に暗い印象に与えてしまうことも。

また、明るすぎると、白く飛んで顔の凹凸やラインが不明瞭になります。
太陽光は、肌をきめ細かに見せる効果もあるとか。

鉄板!斜め上から撮影!

「女性の自撮り定番テク」「可愛く自撮りする必須条件」ですが、
斜め上から撮影すると上目遣いになるため、
自然と目がパッチリと見えます。

オデコの少し上あたりが目安。
アゴを上げないのがポイント。
あまりやりすぎると、逆に悪印象。
上から撮ると「可愛らしさ」、
下から撮ると「大人っぽさ」が出るという説も。
ただし、下から撮ると老けて見えるという声もあります。

少しだけ頭を傾けてみる!

まっすぐな姿勢で真正面から撮るよりも、少し頭を傾けて、
斜めから撮るほうが、リラックスした雰囲気を出せることもあります。

小道具を持って撮る!

アクセサリーや、花、携帯電話など小道具を持って写ることで、
他人とは違った、オリジナル性を出したり、顔の一部を隠すことで、
小顔に見せるなどの効果があります。
ピースサインなど顔の前でするのも、同じような効果アリ。
本やギターなど趣味に関するものも、自分らしさを醸し出すことだできますね。

あえて、カメラから視線をはずしてみる!

自分の感情をうまく写真に表現するためには、
あえて写真に写っていない物に視線を合わせることで、
見る人にとって印象的な写真になることも。
自分撮りっぽくなくなるという効果アリ。

黒や紺などの濃い目の洋服の効果!

黒や紺などの濃い目の色の服をセレクトすると、
色白に見える効果があります。

Vネックの服を着て撮る!

Vネックの服を着て撮ると、小顔に写ることもあるそうです。

仰向けに寝て撮る!

アラフォー向けのココだけの秘法です。
ソファーやベットで仰向けに寝て撮ると、
なんと、目の下のたるみや、ほうれい線も消えて、
アゴもシャープになって小顔で写ると評判。

前回記事はコチラ

jidori_001

meishi_icon_002
名刺には顔写真?似顔絵?

【最近人気の記事まとめ】
http://www.refs.jp/sales-promotion/

太田順孝レフズ

この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
毎週火曜・木曜は、この場所にいることが多いです。
(打合せや会議に参加している場合は不在)

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ