こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

農業集客 トマト農家さんからのご相談

農業集客企画 refs

徳島でトマト農家を営んでいます。

それなりにやって行けてはいますが、
先行きは明るくないような気がします。

今後、どのようなことを考え、準備してゆけばよいでしょうか?

儲かる農家とは refs

いつもお世話になっている方のご兄妹のトマト農家さん。
ご相談をいただきました。

実は、私の古くからのお客さまに「農家さん」がおりまして…
いまその方は、業界ではパイオニア的存在になっています。

その方がしたことは、
自分の「想い」と「商品」を、届けたい場所にダイレクトに届けること

リアルやネットを使って、いまも発展進行中です。

さて、トマト農家ということですが…

売るモノは「トマト」ではない

という頭に切り替える必要があります。

今回は「商品開発」を軸に置きますので、
「体験」を売るという内容は、また後日に綴ります。

まずは「あなたしか売れないトマト」にすることが重要。

そのためには、

◎伝わる商品名
◎想いの詰まった商品名
◎インパクトのある商品名
 ↑↑↑↑↑↑↑
実はコレが、最も大事です!!!!!

よく勘違いされるのは「品種名」ではなく「商品名」です。

商品名を聞いた瞬間に
「見てみたい!」「食べてみたい!」「面白そう!」と感じるネーミング。

この3つの条件は、消費者はモチロンですが
マスコミも飛びつくというメリットがあります。
マスコミが飛びつくということは、無料で広告してくれるということ。

 ↓↓↓↓↓↓↓

広告されて「認知」されると、商品の信頼が高まります

 ↓↓↓↓↓↓↓

そして「認知」と「信頼」が高まると実績が上がる…
つまり、収益に結びつくということ    です。

だから、ネーミングは大事なんです。

そして、その商品は
「誰が欲しいと感じてくれるのか?」

その人達に対してのアプローチを、タイミング良く行う

それが

「農家の明るい未来」
「めざす方向性」
「参加したくなる“楽しい農業”」

に、なるのだと想います。

そして、いちばんネックになりがちなのが

「流通手段」

しかしコレも
思考回路を切り替え、既成概念をズラすだけで、
ローコストにすることは可能ですし
「流通」という概念がなくことも出来るハズです♪

続きは、またお逢いしたときにでも…

ぜひ一度、徳島に遊びに行かせていただきます!!!!!
その想い、聴かせてくださいね♪

ありがとうございました。

今回の記事が、悩める農家さんのお役に立てば幸いです。

名刺セミナー講師

主催者、参加者の声を「セミナー&講演」に掲載。商工会セミナーや社内勉強会(営業ツール作成&明日から売れる新商品開発ミーティング)。

毎月最終火曜日に大阪市内にて
名刺セミナー+集客シナリオ作成相談会 開催中

「顧客単価が上がる名刺」「リピート+クチコミ集客名刺」の作成や「ビジネスモデル構築」、
「15秒で、あなたの伝わりづらいビジネスをスッキリ伝えるA4シート付き」の勉強会です。
(¥5000:限定3名+リピーター受講2名程度)

■お問い合わせはコチラ
http://www.refs.jp/contact/
■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ