こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

売れるアイデア構築法:コストをかけない商品開発(1)

小さいペットボトルが売れる訳

こんにちは。
レフズ 太田順孝です。

最近、会社やお店のミーティングなどの
アイデア・企画担当として参加させて頂くことが多くなりました。

そのミーティングの始まりは
「できるだけコストをかけずに売れる商品・サービスの企画」となることが殆どです。

そうなった際、スタッフの皆さんは頭を抱えてしまうのですが
私、太田の中では「アイデア発想法が約50パターン」あり、
それを適切な内容とサイズに変換して提案するようにしています。

そして
アイデアや企画は、単なる思いつきではなく
実行するまでの流れを構築することが大切です。

今回は、街にあるモノを参考にして
コストをかけずに成功した「売れる商品・サービス」の事例です。

ひとつのアイデア発想としても参考になれば幸いです。

売れる商品ペットボトル

【事例001】
いまある商品・サービスの「サイズ(量)」を変えてみる

何でこんな「小さいペットボトル飲料」が売れてるの?

おそらく男性は疑問に想われるハズです。
このような「男性目線」では、この「小さいペットボトルが売れる」が生まれません。

男性目線では、ほとんどが500mlのペットボトルを選ぶでしょう。
選ぶ理由は「量的思考」=「ガブ飲み思考」。

小さいペットボトルよりも、大きいペットボトルの方がお得(割安)。
「のどの渇きを満たしてくれる」大きいボトルを選ばない理由はない。

ペットボトルに求めているものは「持ち運びが便利な飲料」ではなく、
「水分」「渇きを満たしてくれるもの」が優先で
次に「味(嗜好)」と言い換えられるかもしれません。

日刊経済通信社によると、

清涼飲料水メーカーのペットボトル生産量は、前年同月比で、500mlペットボトルが101.7%、
350mlが102%とそれほど変わってないのに対し、280mlが115.9%、200ml以下が153.6%と前年を大きく上回っている。
「ペットボトルは飲料水メーカーが独自に開発することが多く、最近ではほかのメーカーが出していない、より小型のものを出すメーカーが増えてきています。今後もこうした動きは広まるのではないか」(業界関係者)

では、この小さなペットボトル…誰が買っているのか?

この280ml(一番小さいペットポトル)

実は、女性に爆発的に売れているそうです。

なぜ、女性が買うのか?

その理由を知りたくて
実際に買っている女性…
私の周りの女性に「半径5mインタビュー」してみました。

記事の続きを読む

太田順孝レフズ

この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
週2〜3回、この場所でミーティングや作業をしています。

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせ&「遊びに行きたい!」はコチラから
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ