こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

事務所ディスプレイで成約率を高める方法とは?

コンプトメーターアンティーク

ある会計事務所さんから

「訪問された方のココロ(緊張)をほぐす提案をして欲しい…」

というご依頼。

「会計事務所」=「数字」

というコンセプトを軸に

コンプトメーター機械式計算機
「1900年頃の初期の計算機」を入口にディスプレイの提案。

古い計算機
打ち合わせテーブルにはコレ(1970年代の電卓)。

入口から打ち合わせテーブルまでの「70年の時間」。

「70年の意味」「数字を扱う仕事」
来客が席に着くまでの「視線の誘導」と
「コミュニケーションシナリオ」を一緒に提案しました。

もともと、私は
インテリアデザインや設計関連の出身。

空間やディスプレイも
ひとつのコミュニケーションツールだと考えています。

さらに
空間+トークのシナリオまで設計することで
相談の内容や関係性が深まり、成約率を高めることも可能です。

  コンサルタントが打ち合わせの場所に
  ホテルのロビーラウンジを選んだり

  人の多いコーヒーショップや
  隣席と距離が広い落ち着いたカフェ

  人と逢う場所の選び方で、
  打ち合わせ時間をいつもより短縮
  お互いの関係性を近づけることも可能です。

  つまり、相談から成約に結びつきにくいなどの場合
  打ち合わせスペースを改善することで
  成約率が高まったりします。

本日は、
空間やディスプレイを意識することで
ビジネスの流れを意図的に変えられるというお話でした。

今回の記事が、悩める経営者・ビジネスマンのお役に立てば幸いです。

名刺セミナー講師

主催者、参加者の声を「セミナー&講演」に掲載。商工会セミナーや社内勉強会(営業ツール作成&明日から売れる新商品開発ミーティング)。

毎月最終火曜日に大阪市内にて
名刺セミナー+集客シナリオ作成相談会 開催中

「顧客単価が上がる名刺」「リピート+クチコミ集客名刺」の作成や
名刺交換後の「ビジネスモデルの構築」、
「15秒で“あなたの伝わりづらいビジネス”が伝わるA4シート」付きの相談型勉強会です。
(¥5000:限定3名+リピーター受講2名程度)

■お問い合わせはコチラ
http://www.refs.jp/contact/
■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

電卓博物館 http://www.dentaku-museum.com/calc/calc/3-canon/1-canond/canond.html

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ