こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

「非日常」の演出・イベントで集客する!

ウェディング集客

大阪環状線の「ブライダルトレイン」運行 婚礼用に装飾

JR西日本が11月22日「いい夫婦の日」限定の特別企画として、大阪環状線の車内を婚礼用に装飾した「ブライダルトレイン」を運行し、車内結婚式を開催する。
    ・
    ・
    ・
車内では、大阪駅長が結婚証明書に署名するほか、参列者に結婚記念オリジナル硬券配布、新郎新婦による車内検礼を行う。ホテルグランヴィア大阪で開く披露宴では、「大阪環状線ケーキ」でのケーキ入刀も行う。

 同企画は、2013年度に始まった大阪環状線のイメージアップと利用客の満足度向上を目的とした「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。「ブライダルトレイン」は12時40分に大阪駅発着後、約40分間かけて環状線を1周する。 挙式を挙げた新婦さんは「(結婚後は)環状線だけに、円満な家庭を築きたい」と笑顔で話す。

http://umeda.keizai.biz/headline/2168/

なるほど、面白いですね。

テレビやネットでもニュースとして取り上げられやすい内容ですし、
「ブライダルトレイン」を見た一般の方が、クチコミ+SNS拡散してくれそうですね。

以前、山の手線でも同じような企画「貸し切り結婚式」では、
行き先表示に『まもなく“しあわせ”です』、
『未来のご案内』には
『亭主関白線(Powerful Husband Line 』『かかあ天下線(Hyper Wife Line)』などの
車内案内、粋な演出もあったようです。

「なるほどね…面白いね…でも、ウチには関係ないし…」

そう想ったアナタ!

その思考は「売上アップ・繁盛し続ける店への選択」の
大きな選択をあきらめていることになります。

車内で「結婚式」→「日常スペースでの非日常の体験・PR企画」…
→「認知と売上げアップ」「拡散のキッカケづくり」→「売上アップ・繁盛し続ける店への選択」

です。

つまりあなたの会社やお店で、
お客さまに「非日常を体験」してもらうことを考えてPRすることで、
会社やお店にとって大きなメリットにつながることになります。

もう少しわかりやすく言うと
「非日常的なイベント」や「来店の際のシナリオ」をつくること。

「日常スペースでの非日常」>>「自社・関連スペースで話題になるイベント」

マスコミ取材
イベント告知
地域集客
認知の向上

など…「売上アップ・繁盛し続ける店へのキッカケ」になるわけです。

例えば…

ウチのサポート先や、知り合いの会社では

・「製麺所」で「ライブ演奏」
・「製造業工場」で「◎◎イベント」
・「ガレージ」で「地域こどもイベント」

・「店内」で「子供の夢◎◎イベント」
・「会社駐車場」で「地域お楽しみイベント」
・「◎◎の壁面」が「◎◎のアートスペース」

など、

「日常スペースでの非日常」と「楽しさを提供するお店・会社」をPRすることで、
「売上アップ・繁盛し続ける店へのキッカケ」につながっています。

また、このようなイベントは

うまく構成することにより
「スタッフのモチベーションが高まる」
「◎◎◎が減る」「優良人財の確保」などの効果もあり
会社にとって、費用対効果の高いものが得られることも多いのです。

(もちろんしっかりとシナリオを作って実行しないと、スタッフのストレスが高まり…
なんてことになりませんので、ご注意を)

今回の記事が、悩める経営者・店主さんのお役に立てば幸いです。

PR会社大阪refs
http://www.refs.jp/contact/

名刺セミナー講師

主催者、参加者の声を「セミナー&講演」に掲載。商工会セミナーや社内勉強会(営業ツール作成&明日から売れる新商品開発ミーティング)。

毎月最終火曜日に大阪市内にて
名刺セミナー+集客シナリオ作成相談会 開催中

「顧客単価が上がる名刺」「リピート+クチコミ集客名刺」の作成や「ビジネスモデル構築」、
「15秒で、あなたの伝わりづらいビジネスをスッキリ伝えるA4シート付き」の相談型勉強会です。
(¥5000:限定3名+リピーター受講2名程度)

■お問い合わせはコチラ
http://www.refs.jp/contact/
■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ