こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

保険営業「保険の見直し」はNGワード?

保険代理店集客とは

こんにちは、レフズ太田順孝です。

関わり方は様々ですが、
保険代理店様5社のサポートさせていただいてます。
(近々、2社増えるかもしれません)

そんなカラミもあってか
保険代理店さんの協会や組合などで
お話させていただく機会も増えてきました。

本日は、そのときに
お話させていただいている内容の一部を少しだけ。

レフズ太田順孝

名刺セミナー講師

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋)にて
仕事のとれる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■「経営者コラム」(さまざまな経営者さんに聞きました)
http://www.refs.jp/management/
■「リピート集客に関する記事
http://www.refs.jp/sales-promotion/repeat-customers/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

保険営業「保険の見直し」はNGワード?

保険営業の集客

さて、保険代理店さんがよく使うフレーズ

「保険見直し無料です」
「保険見直し〜お気軽にご相談ください」

私からすれば、
「保険見直し」は保険代理店にとってNGワードです。

それはなぜかというと

代理店側からすれば、
「相談者のお役に立ちたい。ウチの保険に入ってもらわなくても、喜んでもらえたら…」
という純粋な気持ちだとしても

相談側からすれば
「とかなんとか言いながら、実は契約するキッカケづくりなんでしょ?」
という気持ちが働いているとしたら…どうでしょうか?

また、相談側が
「相談したら、何かしらの保険に加入しないと悪いし…」という
返報性の原理がはたらくのを、無意識的にリスク回避していることも考えられます。

また、Google先生に訪ねてみると
保険見直し」というワードで「約 14,800,000件」。

保険代理店集客

もう
お店の前の看板や名刺に「保険見直し無料」と
いくら打ち出しても反応にはつながりにくい。

つまり、この巷に溢れ返った言葉では
人の「脳内フィルター」に引っかからず
スルーされる可能性が高いということになります。

もちろん、保険の必要性を感じていて
「どこで見直ししてもらおうかな?」と、
意識的に探している方を除いての話です。

また、「はじめまして!」の際の名刺交換で
「保険代理店をしております」とお伝えした途端に

「あぁ保険屋さんなんですね…」
「保険はもう入っているからねぇゴメンね。また機会があれば…」
「……(無言で自分には関係ない人と判断して)また何かあれば、よろしくお願いします」と

それっきりになってしまわないためには?

を考えることが必要になります。

【関連記事】保険営業名刺〜1年半で650枚「その名刺欲しい!」
一気に人気度アップした保険営業マンの名刺
http://www.refs.jp/sales-promotion/673/

【関連記事】保険営業 集客・リピート
http://www.refs.jp/industry/insurance-activities/

では、どうすれば
「保険の見直し」というワードを使わずに
保険&保険営業マンであるあなたに興味を持ってもらえるのか?
また「見直し以外の見込み客との接点」はどこなのか?

毎月最終火曜日
大阪市内で開催中の少人数勉強会にて。

詳細はコチラから

今回の記事が、悩める保険営業マンのお役に立てば幸いです。

太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
毎週火曜・木曜は、この場所にいることが多いです。
(打合せや会議に参加している場合は不在)

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ