こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

選挙から学ぶ集客・押さえる場所を見つけ出すビジネスの重要性

ポイントを押さえる

こんにちは、チラシや看板・お店や選挙掲示板など…
どんなものを見ても

「こうすればもっと良くなるのに…」
「ここを返れば、結果が変わってくるのに…」

と感じてしまうレフズ 太田順孝です。

選挙掲示板ポスター誰が貼る

選挙掲示板、あちこちで見かける時期です。

ふとした疑問

「この候補者のポスターは誰が貼るのか?」

知り合いの選挙に関わる方にお話を伺ったところ

「支援してくださるボランティアが基本。市町村議員、仲間、あらゆる人にお願いして貼っている。」
「しかしながら、毎回、協力者・人手が足りてなくて大変な状況」

とのことでした。

なんと
「500枚単位で貼ってくれる」専門業者さんもあるようです。

↑↑↑↑↑ ウチのサポート先にも、次回選挙の際は計画的にアプローチの提案をしてみようかと(笑

この候補者ポスター

ビジネスにおけるホームパージやチラシと一緒で、
ポスター1枚から得るイメージ・費用対効果を考えると
しっかりと構成や見せ方を考えなければならない…
つまり企画+戦略が重要です。

どんなに候補者が
良い未来を描いていたとしても
有権者に伝わらなければ…立候補していないのと同じです。

選挙や候補者ポスターからも
ビジネスに活かせること多いですね♪

選挙掲示板ポスター貼り代行業者

今回の参院選挙…内容については触れませんが、
近所の選挙掲示板を見て感じたことについて綴りたいと想います。

この写真の掲示板の場所は「小学校」

つまり「投票所」です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここが重要です。

投票日までの期間、掲示板を見ながら
「あぁ来週は選挙で、ここに投票に来なきゃねぇ」と前を通ることも多いでしょうし

投票前に
「掲示板を見ながら、やっぱり…どうしよう」
なんて迷う有権者も少なくないかもしれません。

となると、先に述べた

「ポスターを貼る人手がなく」全掲示板に貼れないとしても、
「押さえるべき場所」→投票所近辺の掲示板には貼っておく

この一カ所一カ所の確実な積み重ねが
1票が10票に増え…1000票の獲得
つまり当選につながるのでは?

そう感じました。

選挙掲示板ポスター誰が貼る

ビジネスや集客も同じです。

集客・人手・資金繰り…経営…
一度に全部のことを100%完璧にするのは不可能です。

「押さえるべき場所」を押さえることが重要!
「押さえるべき場所」を気づかせてくれる視点

が、あるだけで
利益はすぐに上がり
問題が少し解決するものです。

「必ず押さえるポイント」見つけて⇒押さえる
「次に押さえるポイント」見つけて⇒押さえる
「その次に押さえるポイント」見つけて⇒押さえる
「全体を確認しながら、次に押さえるポイント」見つけて⇒押さえる…

これからも
自分のサポート先の
お役に立てるよう尽力いたします。

今回の記事が、悩める経営者のお役に立てば幸いです。

名刺セミナー講師

主催者、参加者の声を「セミナー&講演」に掲載。商工会セミナーや社内勉強会(営業ツール作成&明日から売れる新商品開発ミーティング)。


毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋・天王寺)にて

仕事のとれる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

「顧客単価が上がる名刺」「リピート+クチコミ集客名刺」の作成や「ビジネスモデル構築」、
「15秒で、あなたの伝わりづらいビジネスをスッキリ伝えるA4シート付き」の相談型勉強会です。
(¥5000:限定3名+リピーター受講2名程度)

■お問い合わせはコチラ
http://www.refs.jp/contact/
■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ