こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

同じ業種であっても十人十色、オーダーメイドのフォローが成功の鍵

同じ美容室でもフォローが違う

工務店・リフォーム・不動産業
たたみ屋
美容室
リラクゼーションサロン
整体院

税理士
社労士
行政書士…

お陰さまで、さまざまな業種のサポートをさせていただいてます。

お問い合わせいただいた方からは、
「同じ業種の成功事例を教えてください」

友人・知人からは、
「同じ業種なら、成功事例が活用できて良いですね」

と、言われることが少なくありません。

でも実は、
Aの美容室での成功事例が、
BやCの美容室では通用しないことも多々あります。

 

それは、地域性であったり
顧客単価やサービス内容、
お店の地域ポジショニングによって

「次にするべき販促」
「次への準備」
「スタッフさんの意識や資質」

などによって、選ぶ手段が変わってくるからです。

例えば、地域で長く在り続けている美容室。

同じような美容室でも、
現在の顧客数や、地域住民の年齢層によって

▼リピート顧客が減っているなら、顧客漏れを防ぐアプローチ。
▼地域が高齢化しているなら、次のアプローチの準備。
▼新規顧客の獲得のため、どこへどうアプローチするべきか?

現状売上げや、地域環境(変化)によって、優先順位が違ってきますよね。

高齢化傾向の地域なら、それに合わせた媒体選びと告知内容が必要ですし、
近所のショッピングモールに顧客を取られているなら、
打開策としての販促手法が必要ですしや、他にも様々な選択案が浮かんできます。

つまり、
小手先のテクニック・単なるノウハウ(成功事例)の提供ではなく、
根本的な問題からの解決を心掛けているので、
パターンA…パターンBという仕事の手法ではないのです。

様々な業種の現状リサーチ付きの成功事例と、
上手く行かなかった前例のストックを並べつつも、
オーダーメイドで「最善の手法」を選んでいる
という表現が正しいかもしれませんね。

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ