こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

決算セールとは〜する必要のないセールをしていませんか?

決算セール必要性

こんにちは
レフズ太田順孝です。

レフズ太田順孝

7月・8月に決算セールを行うサポート先が数社あります。

基本的にセールやキャンペーンは
お店や会社の都合に他なりません。

「お客さまのために…」
「日頃の感謝をこめて」

など、耳触りの良い言葉を使ってはみるものの

「売上を上げたい」
「来客数を増やしたい」
「新商品を認知してもらいたい」

などの目的のために
セールやキャンペーンを行うことが殆どです。

決算セールも同じく
お店や会社の都合であることが殆どです。

決算セールする意味

その決算セールをお手伝いする際、こんな質問をしています。

「今回の決算セールにテーマはありますか?」

「ど…どういう事ですか?」

と、目を丸くされることもありますが、

“当たり前の決算” “毎年やっているから、今年も決算セール”

ではなく、目的やテーマを持つことで
セールの打ち出し方や内容が変わってくるので

「今回の決算セールにテーマはありますか?」

という質問をするようにしています。

決済セールの目的は、いくつかに分けられる事が多いです。

▶︎売上を上げる

決算前に、ひと踏ん張り!
売上を伸ばすためのわかりやすいセールです。

値下げをしてでも売上を上げる

裏を返せば、通常売上価格より
利益が少ないことになります。

「赤字セール」

などの打ち出しも目にすることが多いですが
でも、なぜ利益がない赤字や薄利というリスクまで冒して売るのか?

それは、
決算時に少しでも多く現金を手元に残したいためです。

決算セールをする目的のほとんどが
「財務状況をよくするため」です。

「貸借対照表」「決算日時点」「資産」
「負債」「純資産」「棚卸資産」「在庫」…

詳しくは、身近な税理士さんや会計士さんに聞いてみてください。
専門用語でマニアックに語ってくれます(笑)

決算セールなぜする

逆に決算セールを行わない場合、
決算時に在庫が多くなるなど

「仕入れた割には在庫が多い会社・お店」
「在庫を売って現金が残っている会社・お店」

書類上どちらの判断をして欲しいか?
どちらの数字の方が銀行から借り入れがしやすいか?
どちらの方が来期のステップになるのか?

ということです。

となると…
計画が明確でない場合は
やらなくて良い「決算セール」や「赤字セール」をしていることになります。

特に小さな会社やお店の場合、
やらなくて良い「決算セール」や「赤字セール」をして
スタッフが毎日残業して…疲れて…
モチベーションをなくしている場合もあるかもしれません。

来期につなげるために「決算赤字セール」ではなく
違った選択もあることを知っていれば、
利益を減らす赤字投資ではなく
来期につなぐ赤字投資の方法もある

そんなお話をさせていただく機会もあった夏の備忘録でした。

今回の記事が、悩める経営者のお役に立てば幸いです。

名刺セミナー講師

主催者、参加者の声を「セミナー&講演」に掲載。商工会セミナーや社内勉強会(営業ツール作成&明日から売れる新商品開発ミーティング)。

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋・天王寺)にて
仕事のとれる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

「顧客単価が上がる名刺」「リピート+クチコミ集客名刺」の作成や「ビジネスモデル構築」、
「15秒で、あなたの伝わりづらいビジネスをスッキリ伝えるA4シート付き」の相談型勉強会です。
(¥5000:限定3名+リピーター受講2名程度)

■お問い合わせはコチラ
http://www.refs.jp/contact/
■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ