こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

一瞬で売れるパッケージに→「販売単価・発注数がアップ」する方法とは?

パッケージデザイン料金

こんにちは。
レフズ 太田順孝です。

長期契約のクライアントさんとは
商品企画や開発まで携わることが殆どです。

商品開発といっても
一から新しい商品やサービスを考えるのではありません。

「いまあるモノを◎◎して…」
「コレとアレを合わせて…」と
今すぐできる商品開発からスタートします。

本日は、そんなときに重要な_____のお話を

レフズ太田順孝

名刺セミナー講師

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋)にて
仕事のとれる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

■「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
■「集客名刺の記事まとめ
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/
■「経営者コラム」(さまざまな経営者さんに聞きました)
http://www.refs.jp/management/
■「リピート集客に関する記事
http://www.refs.jp/sales-promotion/repeat-customers/
■料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/

パッケージで「販売単価・発注数がアップ」する方法とは?

冒頭でも綴ったように「新商品」「新しいサービス」の企画・開発は、
視点を変えるだけで「一瞬」で出来上がります!

いまある「A」と「B」を合わせて「◎◎向け◎◎◎セット」
「C」のサービスを2倍の時間に増やすだけで「極上◎◎◎コース」

そうなんです「ネーミング」も
商品やサービスに注目してもらう「ひとつのパッケージ」です。

話がそちらに行きそうですね。
「売れるネーミング」については、また別の機会に綴ります。
(今すぐ知りたい方は、毎月月末の勉強会にご参加ください)

もちろん新規でパッケージからデザインする場合もありますが、
その際は「商品のコンセプト」「陳列される場所や状況」を
しっかり考えながら企画します。

●「プレミアム」なのに、プレミアム感を感じないパッケージ
●親しみやすい商品コンセプトなのに、シックなイメージラッピング

コストを掛けている割には費用対効果が良くなさそうなパッケージも
残念ながら…お店でよく目にしますね…

コストを掛けなくても、いまあるパッケージに◎◎なステッカーを貼ったり
◎◎素材で包むだけで「コレ何?「あ、欲しい!」
つい手に取ってしまう商品になることもありますからね…

今回のタイトルの
一瞬で売れるパッケージを作る方法というの参考事例はコチラ

パッケージデザインの相場

A4のコピー用紙の包装紙をカラフルにしただけのもの

包装紙をカラフルにするだけで
デスク横の棚にストックで積んでおきたくなるような…POPな商品ですよね

こうして
包装紙を変えるだけで

●他との違い(差別化)になる。
●「飾りたくなる」などのプラスの商品価値が加わる。
●「たくさん買ってストックとして並べる」など発注個数アップの可能性がある。

などなど…の効果がありそうです。

また

●298円(仮)→350円/500枚

など、A4コピー用紙の販売単価を上げることも可能です。

パッケージを変えただけなのに

●298円(仮)→350円/500枚
●他の商品との「差別化」になる。
●「飾りたくなる」「ディスプレイに使える」などのプラスの商品価値が加わる。
●「たくさん買ってストックとして並べる」など発注個数アップの可能性に繫がる。

もっと、ディスプレイ&ストック積むことを意識して
デザインされたパッケージだと…もっと売れるハズ
コピー用紙箱デザイン
500枚×10個入りの箱が「カワイイBOX」になっていると…

500枚×10個入りの箱が「◎◎◎なBOX」になっていると…

など、売上につながる発想はいくらでも広がりますね♪

しかし

「298円(仮)→350円にすると売れないのでは?」 

そんな声が聞こえてきそうですね。

確かに単価が上がると発注数が減るでしょう。

しかし

【A】500枚(A4)原価

【B】500枚(A4)原価+(52円−包装原価)

とするなら

【A】100個の受注数 = 【B】70個の受注数

で、利益が同じとなるなら…どうでしょう?

100個と70個…配送費や人件費も含めて考えると…どうでしょう?

売り先を明確にして、確実に営業アプローチをかけられるとしたら…どうでしょう?

あなたのお店・会社の商品やサービス
「もしパッケージを変えてみたら…」

ぜひ一度考えてみてください。

太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
毎週火曜・木曜は、この場所にいることが多いです。
(打合せや会議に参加している場合は不在)

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ