こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

伝え方を少し変えるだけで、商品・サービスは売れる(2)

整備工場

こんにちは。
レフズ 太田順孝です。

最近、商品開発会議やミーティングに関わる事が多くなりました。

その際、いつもお話することが
いまあるモノを少し視点を変えてPRするだけで
商品やサービスが売れ始めることは珍しくない ということ。

本日は、「視点を変えて伝える」「伝え方を変えてみる」というお話を

レフズ太田順孝

名刺セミナー講師

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋)にて
あなた(の仕事に)興味を持ってもらえる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
▼「集客名刺の記事まとめ
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/
▼「リピート集客に関する記事
http://www.refs.jp/sales-promotion/repeat-customers/
お問い合わせ・メッセージ・ご相談はコチラから
http://www.refs.jp/contact/
料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/
▶︎原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
http://www.refs.jp/contact/

「視点を変えて伝える」「伝え方を変える」だけで、商品・サービスは売れる

例えば、レンタカー事業の場合

「 カーシェア!〜いつでも気軽にレンタカー♪ 」

耳触りが良いキャッチコピーですが、
お客さんの心には響きにくいですよね。

それよりも…

チラシ成功事例
一目瞭然!

自分がいまカーシェアできる場所を
すぐに理解できる内容チラシです。

  私なら、更に
  利用したくなる
  3つの要素を入れますが…

いつでも
レンタカー(カーシェアリング)できますよ♪

よりも

あなたの地域の
気軽にレンタカー(カーシェアリング)できる場所はココですよ♪

の方が

相手(チラシの読み手)の記憶に残りやすいですよね?

商品・サービスの説明

よりも

商品・サービスが利用できる場所を伝えることで

「へぇ、そうなんだ」→「へぇ、ココに行けば利用できるんだ」

「へぇ、そうなんだ」→「あの場所の隣でカーシェアできるんだ」

と、
近くに利用できる場所が伝わることで
行動(カーシェアを利用)してもらう

より、身近に感じてもらう
チラシを見て記憶してもらえるワケなんですね。

  長く記憶してもらう方法は、また別の機会に綴りますね。

「そんなの(カーシェアできる場所を)WEBで検索してもらったら、一目瞭然なんですケド…」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
これは、伝える側の目線に他ならないのです。

「 あなたの街のカーシェアできる場所は、WEBで検索! 」

いえいえ…残念ながら
お客さんは…このチラシを手にした人は
「ほほ〜ウチの近くでは、どこでカーシェアできるのかな?」と
「わざわざ調べてくれない」のです。

「WEBで検索してくれる」というのは、伝える側の思い込みなんですね。

「視点を変えて伝える」「伝え方を変える」だけで、商品・サービスは売れる

最近、このような相談が増えています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

素晴らしい商品を扱っているのに…
良いサービスはあるのに…
優秀なスタッフが揃っているのに…

でも、上手く伝えられない…

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 

このように悩んでいる会社やお店が本当に多いです。

自分のビジネスについては、
ついつい自分目線で一方通行になりがちです。

自分が想っている商品・サービスの長所・特徴 = お客さんのメリット

に、なっていないことが殆どの原因です。

だから
一生懸命伝えても、お客さんの心には響かない。

では、どうすれば?

「お客さんの心には響く伝え方」とは?
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「(今とは)視点を変えて伝える」
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「伝え方を変えて売る!」ためには

お客さんが
「使いたくなるシュチュエーション」「使っている状況」をイメージしながら伝えてみること。

ちょっと古いCMで
内容からは少しハズれますが、

スマホ動画撮影の楽しさやシチュエーションを
上手く表現した 私の好きな動画です♪


性能(スペック)や商品情報を伝えるのではなく
使っている楽しさや利用状況を伝えているだけですよね。

これも
「お客さんが使う状況」をイメージしてもらう伝え方

ウチの近くの空港…
昔よく夜に遊びに行っていた場所で撮影されています♪

最近では
「お客さんの疑問や不安に答える」も伝わりやすいですね。

どうですか?

いま手元にあるチラシやホームページ、
商品やサービスを前面に伝えてしまっていませんか?

ぜひ一度、

●お客さん視点での伝え方
●お客さんの声をベースに

広告を構成してみてください。

ウチは、BtoB専門だから…

いえいえ、BtoBも同じです。

おそらくこの企業さん

この動画で
クチコミや問い合わせの増加、
離職率の低下/採用・求人状況が大きく変わっているハズです♪

今回の記事が、
悩める経営者さん、オーナー・店主さんの参考になれば幸いです。

【最近人気の記事まとめ】
http://www.refs.jp/sales-promotion/

太田順孝レフズ

この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
毎週火曜・木曜は、この場所にいることが多いです。
(打合せや会議に参加している場合は不在)

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ