こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

売れるチラシは◎◎◎◎が大切!

 

こんにちは。
レフズ 太田順孝です。

ウチの母校(高校)は少し特殊で
週4回の体育の授業がありました。
(現在は普通科と体育科に分かれているそうです)

授業では、
剣道・柔道・ハンドボール・ラグビー・サッカー・陸上などの授業が
一年間通じてありました。

なので、剣道部には所属していませんでしたが
剣道防具も身につけることは出来ますし、
竹刀さばきや踏み込みも少しだけ身に付いています。

本日は、関わっている剣道プロジェクトお話…
…ではなく「売れるチラシとは?」というお話を。

レフズ太田順孝

名刺セミナー講師

毎月最終火曜日に大阪市内(心斎橋)にて
あなた(の仕事に)興味を持ってもらえる名刺+ブランド構築・集客シナリオ作成勉強会 開催中

▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
▼「集客名刺の記事まとめ
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/
▼「リピート集客に関する記事
http://www.refs.jp/sales-promotion/repeat-customers/
ラジオ番組の制作サポートと裏方+ときどき出演
http://radicro.com/program/happybomber.htm/
お問い合わせ・メッセージ・ご相談はコチラから
http://www.refs.jp/contact/
料金・サポート内容はコチラ
http://www.refs.jp/work/
▶︎原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
http://www.refs.jp/contact/

売れるチラシは◎◎◎◎が大切!

さて「売れるチラシ」とは?

どんなに素晴らしいチラシを作っても
読んで(見て)もらわなければ意味がありません。

では「売れるチラシ」とは?

売れるチラシ
→読みやすいチラシ

売れるチラシ
→読みやすいと感じるチラシ

読みやすく感じるチラシ
→わかりやすいチラシ

わかりやすいチラシ
 ↓ ↓ ↓ ↓
わかりやすいから「見る」
 ↓ ↓ ↓ ↓
「見る」から参加してみたくなる・行ってみたくなる

では、読みやすいチラシとは?

要素は3つです。
……………………………………

 視線設計(全体構成)
 順序・大きさ(情報バランス)
 言葉・素材選び(対象者)
……………………………………

本日は
その内のひとつを取り上げます。

こんなイベントチラシがあります。

剣道プロジェクト 剣道プロジェクト

このデザインに辿り着くまで
さまざまなレイアウトで構成してみましたが
最終的にこのDesign-A・Bに着地。

さて、最終的にどちらのチラシに決定したと想いますか?(5秒)

 ↓ ↓ ↓ 5

 ↓ ↓ ↓ 4

 ↓ ↓ ↓ 3

 ↓ ↓ ↓ 2

 ↓ ↓ ↓ 1

Aにしました。
(※選択基準には個人差があります。)

なぜ、Aを選んだか?

それは

Aの方が

「読みやすい視線の設計」だから

え?視線の設計? 何それ?

画面の向こうから、聞こえてきそうですが
こうすれば伝わりますかね?

zの法則nの法則fの法則

Zの法則
Nの法則
Fの法則…

このように
視線のセオリーはいくつかありますが
人の視線は…いや、人の脳は
これらの法則に当てはまらずに

「見たいもの」
「興味のあるもの」
「本能で見てしまうもの」から

順番に見ていきます。

集客チラシ事例

あるマーケティングデータによると

広告に「人の顔」を入れると、177%コンバージョンがアップした

とのデータがあります。

※但し、このデータのコンバージョン設定が何かは明確にされていませんが…

このデータに関わらず
「脳」は「人の顔」に反応するすることは間違いなく、
私自身も
「似顔絵から写真に変えただけで、問い合わせ数がアップした」
「ホームページに◎◎の顔写真を入れただけで、成約率がアップした」
体感しています。

話が少し逸れましたが、

Aのチラシは

顔写真に目が行く

 ↓ ↓ ↓

え?渡辺リーダー!

 ↓ ↓ ↓

お!イケメン!

 ↓ ↓ ↓

わぁ!あの剣道家まで!

 ↓ ↓ ↓

いつ? どこ? → イベント開催内容に視線が行きやすいよう構成

 ↑ ↑ ↑

イベントの日時や場所を見やすい(確認)しやすいよう構成

Bのチラシは
出演者の顔ばかりに目が行ってしまい
肝心なイベント内容が伝わりづらい構成と判断しました。

個人的な主観と経験則
    +
周囲にテストマーケティング(リサーチ)もした結果のAチラシという判断です。

イベント内容が伝わっても、今度はチラシを手にした人が
自分のスケジュールの確認

 ↓ ↓ ↓

その日、行けるかどうか?

 ↓ ↓ ↓

行けそうだ!

 ↓ ↓ ↓

できるだけストレスなく参加申込・エントリーするには?

 ↓ ↓ ↓

と、次に行動設計に入るのですが
その辺りのことは、また別の機会に綴ろうかと想います。

今回の記事が、悩める経営者さん・店主さんの参考になれば幸いです。

なぜそのチラシは結果が出ないのか?
http://www.refs.jp/sales-promotion/2419/

失敗しないためのテストマーケティング
ABテストご存知ですか?

太田順孝レフズ

この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
週2〜3回、この場所でミーティングや作業をしています。

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせ&「シェアサロンに行ってみたい!」という方はコチラから
http://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ