こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

顧客単価をアップするには?

顧客単価上げる

値上げしたい!ても出来ない…
何とか方法はないだろうか…

そう考えながらも、
日々の業務に追われている経営者さんも多いのではないでしょうか?

その気持ち、私もよくわかります…

例えば、私が制作する
オリジナル名刺(営業シナリオ付き)は
企画・制作5万円〜(2つ折りは、¥85000〜)

これって高い方には、とても高く感じられると想います。

私も、以前は3万円で制作していました。
でも、3万円でも高いと感じる方はいらっしゃいます。

では、10万円ではどうでしょうか?

実際、30万円の名刺を
企画・デザインさせて頂いたこともあります。

先日、その方とお話させて頂いた際も
「1ヶ月で30万円は、回収済みです。これからもこの名刺で稼ぎます!」
との喜びの声もいただきました。

(実際、名刺はキッカケに過ぎず、ご本人の努力の賜物なのですが…)

名刺の話はさておき、
値上げするカンタンな方法は、いくつかあります。

maeketingup

消費税が5%から8%に上がる際、
お店に並んでいる商品の多くが
「パッケージが変わった」のに気がついた方も多いハズです。

同じ商品でも、パッケージを変えるだけで
増税分+αの値上げをしているものを良く見かけました。

また、パッケージを変えて内容量を減らし
原価を下げて、価格はそのまま…という商品もありました。

ウチは美容室だから、そんな商品の話をされても…
ウチは建築関連だから、そんな話をされても…
ウチは飲食店だから…

いえいえそんなことはありません。
いつものコースに「+α」をして、
少し高いメニューをつくるだけでOKです。

いつものサービスの時間を長くするだけで
お客さまは納得してお金を支払います。

もちろん、
そのメニューが新しくできたことを
お客さまにお知らせしなくてはなりませんが…

実際、このような思考でメニュー開発をしてリリース
いくつかのステップを踏んで、

顧客単価が、1.8倍に上がったサロンさんもあります。

受注単価が、1.3倍になった畳屋さん

単価を上げることで、ビジネスが発展し、毎年増収続きの建築関連業さん

顧客単価が1.2倍(利益もメニューによって1.2倍)アップした飲食店さん…などなど

実は

「高くするとは売れないのでは?」
「値上げするとお客さまが減るのでは?」

という固定観念は、あなただけが持つもので
お客さまのなかでは「いまの価格」が
お店に来ている一番の理由ではないことも多々あります。

値上げをすると、一時、顧客数が減る場合もありますが
自然とお客さまの層が入れ替わり
あなたが設定(イメージ)した単価のお客さまが
集まってくるようになってくる

というお話をさせて頂いても、
これを実行される方は…
100人に5人いるかいないか…

それを継続される方は…1人いるかいないか…なんですよね。

営業が苦手
営業が苦手…売上げがなかなか上がらない方へ

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ