こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

決めると売れる!

皇室所縁の尾長鶏の卵

最近、古事記や日本のルーツに触れたり携わることが多く、
先日は、上記のようなモノを賜る機会を頂きました。

皇室所縁(ゆかり)の尾長鶏の卵

ありがたく頂く べきか?
●この卵を(有精卵と見込んで)孵化させて… するべきか?

と、妄想タイムに…

しかしながら
いくら妄想を膨らませても
卵は1つしかない訳ですから、
どちらかに決めなければなりません。

このように、ビジネスも「〜かも」「〜っだったら」から
いづれかに「決める」を選択しなければなりません。

ビジネスは常に選択の連続です。

選択=「決めること」

に、他なりません。

本日は「決めると売れる」というお話を

お客さまの声refs 商工会セミナー講師 デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
http://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
http://www.refs.jp/contact/

 

 

「決める」と売れる!

 

ビジネスは常に選択の連続です。

選択=「決めること」

です。

 

「どんなサービスを提供するのか?」
「いくらで売るのか?」

 

「どんなPR手法を選ぶのか?」
「どう集客シナリオを組み立てるのか?」

 

「いつPRを始めるのか?」
「いつキャンペーンを始めて、いつまで続けるのか?」

 

「どこでセミナー(イベント)をするのか?」
「どのような人を何人集客するべきなのか?」

 

「誰と一緒にビジネスをするのか?」
「フロントエンドを決めたビジネス/決めずにテストマーケティングをするのか?」

 

「今日のランチは何を食べるべきか?」
(さっと済ますか?ネタ集めランチにするか?)

 

「ライスにするか?パンにするか?」

「今すぐ連絡するのか?後にするのか?」

 

毎日「決めること」だらけです。

 

「やらない事を決める」
「やり続けることを決める」

「“来てもらいたいお客さん”を決める」
「“来てもらいたくないお客さん”を決める」

「スタッフを増やして広げる方向に決める」
「スタッフを増やさず(今は)深める方向に決める」

先を見据えて「決めること」だらけです。

 

 

話を戻して
ビジネスにおいて
まず決めなければならないことは

「誰に売るのか?」
「何を売るのか?」
「どうやって売るのか?」

 

これは
どんなビジネス書を読んでも書いてあることですよね?

しかし、この質問を投げかけて
答えられない経営者(ビジネスマン)が、意外と多いことに驚きます。

 

では、なぜ

「誰に」
「何を」
「どうやって売るのか」

を、決めた方が良いのか?

 

答えはカンタンで

「決める」と

「売れるようになる」
「売りやすい」

からです。

……………

これは「風邪薬」です。

よりも

これは「風邪の惹き始めに飲んでいただくと、効果の高い風邪薬」です。
「いつもより体がだるい・鼻水が止まらない・少し寒気がする」そう感じた場合は、
近くのドラッグストアで「お試し用」をお求めください。

この方が、お客さんが買いやすいからです。

……………

しかしながら…

ほとんどのビジネスが

「誰に?」
「何を?」
「どうやって売るのか?」

考えはじめた途端に

「自分が売れるモノ」
「自分は何屋さん」から

思考がスタートするので、

「集客迷子」に、なります。

 

「集客迷子」になると、
いろんなセミナー参加したり
人に相談することが増えます。

 

そこで、いろんな知識を得ます。

 

人それぞれ言うことが違うので
どれが正解かわからなくなります。

そして

「決められなくなる」

 

「決める」と

「売れる」
「売りやすくなる」のに

 

学んだ(学び続ける)ことで

「決められなくなる」

 

「集客迷子」の誕生です♪

 

 

では、

どうすれば「集客迷子」にならずに済むのか?

 

一番わかりやすい「決め方」の第一歩は

 

いま自分(自社・自店)にとって、
「いちばん良いお得意さん(お客さん)を想像すること」

 

 

「いちばん良いお得意さん(お客さん)」とは?

あなたの商品・サービスを

●いつも気持ち良く買ってくる人
●たくさん人を紹介してくれる人
●自分の商品・サービスを理解してくれている人

●一緒にビジネスをして楽しい人
●一番長く(たくさん)買ってくれている人
●自分のビジネスのファンであり、応援してくれる人

 

他にもいろいろありますが、
代表的な項目こんなところでしょうか

 

いわゆる

ロイヤルカスタマー(理想の顧客)の設定です。

 

そして

そのお客さんが
なぜ自分から買っているのか? を知ること

そのお客さんがいる場所・出逢う場所をイメージすること

そこに行って
用意した「興味を持ってもらえるプレゼンテーション+シナリオ」を伝えること
(高額商品の場合は、まず売らずに信頼関係を構築すること)

 

あとは、

 

いつから始めるか?
いつ・どこに行くか?
どのように進めるか?

 

などを決めること

 

商工会セミナー講師実績
順番に決めることで、利益率・成約率・ビジネス精度が向上する

コンサルタント・カウンセラー・治療家
セラピスト・デザイナーなど

かたちのないモノ(サービス)を売っている場合は、

「高く売るのか」
「平均価格に+αするのか」
「どこよりも安くたくさん売るのか」

でも

「決めなくて良い場合」
「決めない方が良いタイミング」

もあるので、
ぜひ一緒に考える時間を共有できればと想います。

 

 

でも「決めなくて良い場合」もある

決めなくていい場合とは?
 ↓ ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.refs.jp/blog/

【最近人気の記事まとめ】
http://www.refs.jp/sales-promotion/

販売促進コンサルタント
名刺セミナー講師
太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している
一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。
(打合せや会議に参加している場合は不在)

お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
http://www.refs.jp/contact/

名刺セミナー講師
商工会セミナー講師

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ