こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

お客さまの声を集める方法

お店の改善・見直しをしたい!
どうすれば良いでしょうか?

アンケートを設置したのですが
なかなか集まりません…
どうすれば集まりますか?

…………………………………………………………

これは、ひと言で答えると

「悪口」を募集する!

ですね。

「お客さまの喜びの声」や、
「利用して良かったなどの声」を集めるには、
実は手間がかかることが多いですよね。

飲食店などで、テーブルやカウンターの上に
「アンケートにご協力願います」と、
鉛筆とアンケート用紙が立てられていますが、
普通においていても、そうそう集まらないハズです。

「お客さまの声、大募集!」と言われたとき、
お客さまは「上手く答えなきゃ…」という心理が働きます。

「これはお店のためになる、喜びの声を伝えなければならない…」
と察したり、
「これを書くとお店からのDMなどが届くのでは…」
と脳がフリーズ、アンケートの前で筆が止まります。

何の下準備もなく
「改善すべきところはあれば、アンケートにお願いします」と募集したところで
何も考えずにお店に来る方がほとんど…失礼!

も…もとい、表現を変えて…
お店に来て、サービスや商品を買いに来たところに
「改善すべき点を…」といきなり聞いても、
何も思いつかないないでしょうし、
考えられないですよね?

つまり、
お客さまが答えやすいような
聞く側のエスコート(聞き方やシチュエーション)が
重要になってくるため
「お客様の喜びの声」を集める作業は
かなりハードルが高いのです。

では、改善のためにどうすれば?

冒頭にも綴ったように

「悪口」を募集

です。

随分前のことですが

「ユニクロの悪口いって100万円」

というキャンペーンを
新聞紙上で実施したことがありましたよね。

このクレームを基にした
1万通のマーケティングリサーチは、
当時のユニクロの勢いの原動力にもなりました。

「悪口」は感情的なもの

そんなクレームを集めたところで…と
戸惑われるかもしれませんが、

「もっと、◎◎して欲しい」
「もう少し、こうなれば嬉しい」など

悪口の内容によっては
「視点を変えるだけで、改善のキッカケ」にもつながります。

悪口がお店のメリットになるのです。

また、顧客目線では

「自分(お客様)の意見が反映されて、お店が変わる(良くなる)」

これは、お客さまにとっては
最高ランクの喜びになることも少なくないのです。

以前、ある物販店で
お客さまに「悪口」を吐き出してもらうことで
「モヤモヤ」を「スッキリ」としてもらったこともあります。

ちょっとした本音を共有することで、
お客さまとの関係性が深くなり
リピーターが増えているようです。

効率の良い「悪口の集め方」
たくさんの「改善ネタの集め方」
お客さまがスッキリする「顧客満足向上の悪口シート」

ご連絡いただいた方には
またゆっくりと、お話させていただきますね。

refs_icon_005
キャンペーンやイベントが上手くいかない

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ