こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

名刺セミナー講師を務めた際、必ずいただく質問「2つ折り名刺?1枚名刺?」

名刺は1枚モノ?
2つ折り名刺
どちらが良いですか?

名刺セミナーをさせて頂いた際、
よくいただく質問です。

集客名刺の作り方を教えるセミナー中

集客名刺セミナー

基本的に、名刺は
「はじめまして」の状態でお渡しするモノですよね。

(他にも、もっと有効な使い方はありますが、それはまた別の機会に)

本来の名刺の目的は、

「どこの誰」
「連絡先」

が、伝われば良いツールです。

そこに

「何の会社(商品やサービスの入口説明)」
「あなたのプロフィール」
「仕事に対する想い」

などを補足している名刺を
目にする機会も増えつつありますよね。

しかしながら
「はじめまして」で伝えたい内容が
ついついボリュームが増えてしまい…

2つ折り
3つ折り
冊子名刺…

などの形状になるわけですが
名刺はあくまで名刺。

自己紹介や
取り扱いの商品やサービスなどを
一度にたくさんの事を伝えることが
メインではないものと、私は考えています。

それよりも、
名刺交換の場面を想像してつくった名刺の方が、
費用対効果の高いものになると
名刺セミナーでお伝えしています。

もちろん名刺にプロフィールなどを綴ることで
100人に1人くらいは、

「おぉ!同じ出身地ですね♪」
「名刺のプロフィール…ついつい見入ってしまいました」

もちろん名刺のプロフィールをじっくり読んでくださる方とは、
今後じっくりと関係を育み
ビジネスにつながる可能性はあるでしょう…

そんな、じっくり型のビジネスならならば、
プロフィールをがっつりと綴るのも良いかもしれません。

(高額商品や、伝わりづらい商品・サービスを扱う方は、このアプローチは有効な場合もあります)

名刺は「伝えるコミュニケーションツール」ではなく、
「伝えることをサポートするコミュニケーションツール」として
構成・企画した方が良い結果、
つまり費用対効果が高い名刺になることが多いです。

(もちろん商品・サービスによって構成の方法は違います)

なので、
1枚モノが良いのか?
2つ折りが良いのか?
という
形状やインパクトから入る前に

1枚で「伝えることをサポートできるのか?」
2つ折りなら「伝わりやすい、イメージしやすいのか?」
ということから考える方が良い結果につながる

と、お答えすることが多いです。

………

5〜10秒で伝わる商品・サービスがある場合は
また違った方法の名刺+アプローチがあります。

5〜10秒で伝わるためのUSP作成も含めて、
最近は名刺デザインと企画することが多くなりました。

そんなことも含め、
今後もブログを綴ってゆきたいと想います。

名刺 似顔絵?顔写真?名刺 似顔絵?顔写真?どっちがいいの?

…………………………………………………………………

リピートやクチコミが増える名刺セミナー
毎月最終火曜日・大阪市内で開催中
お問い合わせ&ご参加はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.refs.jp/contact/
…………………………………………………………………

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ