こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、2年以上お付き合い頂いているお客さまからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

弁理士名刺作成ポイントは3つ

弁理士名刺デザイン集客

以前、名刺セミナーに参加いただいた弁理士さん。

「名刺セミナーを受講して、自分で名刺をつくってみました!」
ということで、新しい名刺を見せてくださいました。

弁理士名刺作成
(ご了解得ての掲載です)

素敵ですね。
以前の名刺より、わかりやすくなりましたよね。

とくに一般の方向け名刺と考えれば、かなりの改善です♪

では「わかりやすい」とは何か?

今回は、その辺りについてのお話を

個人的には弁理士さんは、
3つの名刺持つべきだと想います。

1つ目は、いわゆる普通の名刺

「弁理士」という職業を理解した方(企業さん)にお渡しする名刺。
これは、一般的な名刺に、ちょっとだけアクセントを加えるだけでOK。

2つ目は、士業間の連携を深める名刺

士業同士の連携が生まれるキッカケづくり
即仕事につながるように働きかけるシナリオづくり

などを目的とした、
「弁理士」の立場で他の業種とチームを組める名刺です。

3つ目は…

いわゆる「弁理士」という職業を
よく理解されていない方にお渡しする名刺です。

これには何を書けば良いのか?

一般の人は
「弁理士」って職業を聞いただけで、
「自分には関係ないや…」と思うもの…

弁理士の皆さん…残念なから8割の方は、
名刺交換をしながら「弁理士って何?」って感じているハズなんです。

つまり、

弁理士=商標登録・知財・特許…

と頭で繋がらないということ。

もう少し付け加えると、

「わからない」=「自分には関係ない」

「自分には関係ない」=「その場限り」=「今後ビジネスにはつながらない(つながりにくい)」

になるのです。

でも、実は

「弁理士という職業」…

伝え方(伝える入口)を変えると
「ビジネスをしている誰もが関わる可能性のある職業」=「弁理士」になります。

つまり「弁理士という仕事を知らない人」に
「弁理士のトリセツ(序章)」を伝えることを目的にする

とくに士業さんは、
「自分の職業(できること)」を伝えるのではなく
「名刺交換する方との接点」を
そのキッカケを名刺で伝えるだけで、ビジネスが加速するんですね。

ということで、少ない名刺スペースに、
長々とプロフィールを書いてる場合ではありませんね。

行政書士名刺
その他の士業名刺について

毎月最終火曜日・大阪市内にて
名刺セミナー(少人数制)を開催中

参加するだけで、
「名刺作成のヒント」と「営業シナリオ」まで作成が可能になります。

お問い合わせ・ご参加はコチラまで
http://www.refs.jp/contact/

……名刺の企画+デザイン・制作価格表………

http://www.refs.jp/sales-promotion/935/
…………………………………………………………………

名刺企画・デザイン+営業シナリオに関する
お問い合わせ&ご質問はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.refs.jp/contact/
…………………………………………………………………

集客名刺の作り方セミナー中

主催者、参加者の声もブログに載せています。商工会セミナー依頼もいただいております。

名刺セミナー講師
なるほど!名刺コラムはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ