こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

年収がアップする名刺と、年収が上がらない名刺の違いとは?〜NG名刺(2)

名刺年収アップ

異業種交流会などで名刺交換をした際、

「あぁ…パソコンのプリンタで印刷した名刺…」

と、感じたことはありませんか?

名刺用紙キレイカット

それは、名刺の四隅のミシン目を見て
そう感じたのだと想います。

ミシン目で切り離すタイプの用紙をパソコンで印刷
今では、キレイにカットできるクリアカット加工の用紙もあるようですね…

決してミシン目名刺が悪いという訳ではなく、
それを感じた瞬間に

「この方…名刺印刷費までコスト削減されているのかな?」

「名刺に気を遣わない方?…この方のビジネス…大丈夫かな?」

と、感じられても仕方ないですよね。

私の周囲にもインタビューしてみると

「パソコン名刺だったら、9割…取引ないと予測」
「自分も起業当初はパソコン名刺だったので、頑張れって思う」
「そこに気を遣えるか…も、ひとつのビジネススキルやな」

という答えが返ってきました。

つまり、名刺は

第一印象(お話する前)から「期待」「未来」を
感じさせることのできるコミュニケーションツール

ということなんです。

ただし、このインクジェット印刷の名刺…

使いようによっては、最強の営業コミュニケーションツールになります。

「即席のインクジェット印刷の名刺で申し訳ありません…」


初対面の際に「インクジェット印刷(ミシン目)名刺」をお渡しして、
後日、正式な名刺を送る(または逢いに行く)…

という名刺交換のシナリオをつくると、
2回以上(次)のコンタクト設定が可能です。

「インクジェット名刺」の意味はありますよね。
(↑↑↑記載内容も工夫次第で、最高のコミュニケーションが可能です)

インクジェット印刷は
自分で気軽に1枚…10枚の名刺を
コストをかけずに、少ないロットでつくれるというメリットがあります。

つまり気軽にバージョンアップが可能ですし、
相手に逢わせて…の「名刺シナリオ」を企画したこともあります。
↑↑↑↑↑↑
これは、なかなか高確立で反響があり、ビジネスにつながりやすいです♪

meishi_icon_001
名刺のプロフィールは必要ですか?
…………………………………………………………………

名刺企画・デザイン+営業シナリオに関する
お問い合わせ&ご質問はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.refs.jp/contact/
…………………………………………………………………

集客名刺の作り方セミナー中

主催者、参加者の声もブログに載せています。商工会セミナー依頼もいただいております。

名刺セミナー講師
なるほど!名刺コラムはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.refs.jp/sales-promotion/card-sales-promotion/

.

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ