こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

お客さまインタビュー

確実な成果を生むニュースレター!:アルバ通信株式会社 さま

アルバ通信株式会社(滋賀・ポスティング業)代表取締役 柿添かおるさま
http://www.posting.co.jp

■以前は自分たちで作っていました。

れふずさんとは、共通の知人の勉強会で初めてお逢いしました。
確か…2006年の夏…だったかな?

弊社ニュースレター「honeybees」の制作をお願いしたのは、
2009年の夏(13号)から…ですね。もう、そんなに経つんですね。
(2014年8月で、56号目)

ニュースレターを自分たちで、3年間制作・発行。
その頃は、3ヶ月に1度の季刊発行でしたね。
ポスティング申込書と同封して、郵送していました。
申込書だけ郵送しても、それはこちらの「売りたい勝手な都合」になりますので、
お手紙的な要素とお役立ち情報になれば…のニュースレターでした。
でも、業務が忙しくなると少し発行が遅れたりしていました。

■「自分たちで制作」から「プロに制作依頼」に

ちょうど、滋賀の会社やお店に営業活動を始めた頃、
ニュースレターは、リピーター促進&新規顧客獲得の営業ツールとして活用していました。

一度ポスティングを利用くださったお客さまに、
郵送するだけで「想い出して」くれるので、 リピート受注につながっていました。

新規顧客獲得として、ニュースレターを送付。
弊社とポスティングを知ってもらうキッカケツールとして、活用していました。

しかし業務が忙しくなると、発行(発送)が遅れがち。
定期的な継続ができない。
あわててニュースレターを作るので、
記事のネタ探しもできず、内容もまとまらないまま発送。

せっかく時間を費やして、印刷費と発送費をかけて出しているニュースレターがもったいない…
ということで、身近にいたプロのレフズさんに頼むことにしました。

■お願いして良かったことは3つ

1)遅れずに定期的に発行、ずっと確実に続けられていること
2)読みやすく構成、レイアウトしてくれること
3)アイデアと企画までサポートしてくれること(年に2回、逢ってミーティング)

ニュースレター

■お願いしたことで、毎月定期的&確実に発行できるようになりました。

れふずさんが「待ってくれている」と思うと、
自分のコーナーのテキスト原稿を忙しくても時間をつくり作成しますので、
スケジュール通りに毎月発行できます。

最初は、3ヶ月に1度の季刊発行、次第に2ヶ月に1度、
そして毎月発行…発行頻度を増やすとともに、社内の体勢を整えました。

そのニュースレターの内容をまとめ直して、
また「新しい営業ツール」をつくったり…と、
「営業できるもの」「わかりやすく説明できるもの」にアレンジしてもらいました。

結果、売上げは毎年上がっています。
自社の滋賀での認知度、ポスティングに対する理解度も深まっているので、営業がしやすくなりました。

■常に発展、進化するニュースレターに成長しています。

現在では、片面のニュースレターから、両面印刷になりました。
構成や内容も、年度末にお逢いして一緒にミーティング。
1年(または半年)単位でスケジュールを決めるので、
考える時間とストレスが減り、効率化とコスト削減につながっています。

当たり前ですが、やはりプロ。
イラストも使い、見やすく、読みやすく仕上げてくれますね。
ちょっと文字量が多いテキストをお渡ししたときも、スッキリと客観的にまとめてくれます。

自社スタッフで社内業務にすると、もっと時間がかかり、
結果的に時間的コストや制作コストが高くなっていると思います。

ニュースレター

■自社では気づかないことを見つけて、かたちにしてくれます。

弊社で持っているデータや、これまでの取組み、スタッフという財産。
ニュースレターに掲載する提案をしてくれたのは、とても有難かったです。

毎日、数えている「新聞の折込み枚数」は、
自分たちのリサーチのためのものだったのですが、
それをニュースレターに載せることで、
お客さま(読み手)がポスティングのタイミングの検討材料にされていますね。

また、ポスティングの流れや取組み、スタッフの様子を載せることで、
「安心」や「信頼」が伝わり「頼みやすさ」も増したようです。

■ニュースレター以外のことまで…

弊社で、はじめてセミナー(勉強会)を主催、その際に講師をしていただきました。
チラシに関するセミナーです。
参加された方が持参されたチラシを「その場で添削」されたりと、みなさん喜んでおられました。

まだチラシを作ったことない方や、業界の方も参加されていたので、
もう少し参加者を絞った方が良かったという反省を活かして、その後のセミナー(勉強会)に活かしています。

定期的に外部講師をお呼びして開催している勉強会の、基盤づくりのお手伝いをしていただいたことになりますね。

セミナー(勉強会)

■refs(レスズ)にひと言…

れふずさんに望むことですか?
う~ん、特にありませんが、請求書!早目に送ってくださいね。
また、レフズ太田さんの周囲の方をご紹介・引き合わせいただいたり、次のビジネスのキッカケやアイデアもいただいてます。ありがとうございます。

■refs(レフズ)のイメージを言葉にすると?

アイデアが豊富。
まるく、やわらかい。
感情的にならない、優しい。
帽子王子?

ありがとうございました。

refs(レフズ)から感謝の言葉

*アルバ通信株式会社 柿添さま

*アルバ通信株式会社 柿添さま

いつもありがとうございます!
アルバさんのニュースレターを制作させていただく ときは、いつも基本に還る気持ちになります。

ニュースレターの読み手(お客さま)にとって
「なるほど!なマーケティング情報」を
提供する月もあれば、
全く基本的に「アルバさんのサービスについて」
何度も伝え直しが続く月もある。
アルバさんのお客さまの層の広さを考えると、
さまざまな視点での「伝え方」が
必要になりますもんね。

「幕の内弁当」なニュースレター、
「季節の刺身定食」なニュースレター、
「ソースにこだわったトンカツ定食」なニュースレター 常に対応できるよう頑張りますね♪

次回の年間計画のランチミーティング、
楽しみにしております。

滋賀名物おやつパンも送っていただき、
ありがとうございました!

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ