Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

なぜ、あなたの会社・お店の求人募集は人が集まらないのか?

求人集め方

こんにちは
レフズ 太田順孝です。

採用において売り手市場が続いてますね。

「求人を出しても、応募がない」
「応募が来ても、当日キャンセル(来ない)ことがある」

「人が定着しないので、採用コストばかり掛かってしまう」
「せっかく内定を出したのに、辞退されてしまった」

採用難易度は年々上がっているように感じていますね。

本日は

なぜ、あなたの会社・お店の求人募集に応募がないのか?

というお話を。

お客さまの声refs
商工会セミナー講師
デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 なぜ、あなたの会社・お店の求人募集に人は集まらないのか?

 

 

『どうすれば人が集まりますかね?』

最近、経営者からよく頂く質問です。

この場合の「人」とは、「採用」「人材(人財)」募集の対象

その際

「人を集めたいのですか?」

それとも

「会社に必要な人材を集めたいのですか?」

と、質問すると

『もちろん、会社に必要な人材を集めたい!』

と、返ってきます。

 

そこに

「会社に必要な人材って、どんな人ですか?」

と、質問すると

『会社に合った人』
『業績に貢献してくれる人』
『辞めずに、長く勤めてくれる人』

などの答えが返ってくる場合が多いです。

これって
会社を選ぶ立場からすると

  『会社に合った人』(1)

  『業績に貢献してくれる人』(2)
  『辞めずに、長く勤めてくれる人』(3)

  なるほど…だったら

  「給料は?」
  「休みは?」
  「待遇は?」
  「アクセスは?」

(1)(2)(3)の条件をクリアする(前提の)代わりに
「給料」「休み」「待遇」「アクセス」「福利厚生」などの交換条件での契約で
会社を選ぶことになります。

ここがスタートの採用になるので

  『残業が多い』
  『仕事がキツい』
  『給料が安い』

  『上司・同僚と合わない』
  『将来が見えない』

のストレスが我慢できない値に達すると

離職率を下げる方法

そうならないために必要なことは?

これは

「誰か良い人、いないですかね?」

「結婚ねぇ…したいのですが、なかなか良い人がいなくて…」

と、話す独身男性(女性)と同じ。

ご縁は大事ですが、これでは結婚どころか、
いつまでたっても相手が見つからない方が殆ど。

付き合ったとしても、
途中で「何か違うかも…」と何度も何度も別れてしまう。

これと同じ原因なんです。

それって、どういうこと?

失敗しない人材育成
求人コストかけない方法

このような「ぼんやり」を「より明確」にして、
届けたい人に情報を届けるようにするサポート+流れを構成します。


コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師
太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ