こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

進撃の巨人220円に学ぶ、在庫をビジネス資産に変える方法

経験を売上に変える

こんにちは
レフズ 太田順孝です。

 

先日、コンビニに行くと

進撃の巨人220円に学ぶマーケティング

進撃の巨人1巻~3巻が、
220円(税別)期間限定で販売されていました。

●アニメ 進撃の巨人 Season3放送開始
●最新刊26巻の発売

に合わせたPR戦略ですね。

これを見て、上手く「在庫(ストック)」を「新しい売上」に替えているなぁ♪

と感じてしまいました。

「え? どうゆうこと?」

そう感じた方は、
少し読み進めてもらえたら「ビジネスのヒント」に繋がるかもしれません。

 

本日は、

 在庫を資産に変える

いまある在庫(経験)を「ビジネス資産」にして新しい売上をつくる というお話を

 

お客さまの声refs
商工会セミナー講師
デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 在庫(経験)を売上に変えるマーケティング

 

 

進撃の巨人220円に学ぶマーケティング

「話題になっているのは知ってるけど、まだ原作を読んだことがない」
「またアニメも始まるし、もう一回読んで見るか…」

そう感じている人にとっては、
3巻合わせて660円(税別)は、
「ちょっと買ってみようかな…」絶妙な金額設定ですね。

 

660円(税別)で

第1話  二千年後の君へ
第2話  その日
第3話  解散式の夜
第4話  初陣
第5話  絶望の中で鈍く光る
第6話  少女が見た世界
第7話  小さな刃
第8話  咆哮
第9話  心臓の鼓動が聞こえる
第10話 左腕の行方
第11話 応える
第12話 偶像
第13話 傷
特別編  リヴァイ兵士長

まで読めるワケですね。

書店でも、この価格で売られているようですが
全国のコンビニでこの期間限定キャンペーンをしているなら
もの凄い数でのキャンペーン窓口を設置されていることになります。

恐るべし…進撃の巨人マーケティング!

  もう少し行け加えると

  セブンイレブンをはじめ
  コンビニがよく実施するキャンペーン

  700円お買い上げで、くじが1回引ける「700円くじ」

  ご存知の方も多いはず。

  これは「コンビニ平均単価が600円前後」のデータから
  「あと1品買えば、くじが引ける」=お得なものが手に入る

  顧客心理を考えた
  顧客単価プチUPが目的だと言われています。

  ●進撃の巨人1〜3巻=今だけ660円

  納得ですよね♪

 

進撃の巨人も、
新シリーズがテレビ放映されることで
コミック単行本の売上は上がることは間違いない

ですが
「在庫(1〜3巻)」の販売数を上げて
「4巻以降から最新刊までの作品全体の販売数を伸ばす」という思考になれば

1冊あたりの利益は減りますが、220円の価格は素敵な販売戦略ですね♪

 

以前に、このような記事を綴りました。

在庫を活かす!在庫はマイナス資産ではなく高利益要素です

すでに原価消却したであろう「旧作」で

「離れていた会員(休眠客)→旧作100円→再来店のキッカケに→来店の習慣化」

「新作を借りたリピーター会員→ついで借り→顧客単価アップ」

 

 

 

 例えば、♪本を売るなら〜某中古本販売店でも

 

 

♪本を売るなら〜

でお馴染みの某中古本販売店でも
人気漫画を1巻~3巻(~5巻)まで、100円で売っていた時期がありました。

「全巻読む(揃える)のは大変だけど、3巻までなら買ってみようかな…」

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「(読んで)面白かったので、4巻も…」
「やっぱり全巻揃えたくなってきた…」

一番最初に購入する際の心理ハードルは

「全巻揃えると、○○○○円かぁ…」
「でも読んでみたいしなぁ…」

売れる心理学とは
売れる方法とアイデア

自分への言い訳
買う理由を作ってあげる

 

在庫として並んでいる
「人気漫画1巻~3巻」にアレンジを加えることで

「4巻~最新刊」までが売れる可能性が高くなる。

在庫を資産に変える

 

 

 経験を在庫にせず売上に変える!

 

 

このビジネスモデルの構築は

●飲食店
●建築・リフォーム業
●不動産業

●士業
●美容室・サロン
●鍼灸整体院

●コンサルタント
●講師業
●コーチング・セラピスト・カウンセラー

でも、可能です。

(今まで、しっかりとビジネスに取り組んでいれば)

例えば、

コンサルタントなら、

●これまでのセミナー動画を格安販売(プレゼント)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
●見込み客リスト獲得・コアなファンや□□□□□の構築に

建築・リフォーム業なら

●これまでの□□□□□をプレゼント
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
●見込み客リスト獲得・問い合わせの流れ構築に

鍼灸整体院なら

●□□□□□のノウハウを凝縮した□□□□□をプレゼント
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
●来院の流れ構築・見込み客リスト獲得に

飲食店なら…と

あなたの手元にある
「在庫となっている眠っているモノ(経験)」を
「ビジネス資産」にぜひ変えてみてくださいね

今回の記事が
悩める経営者さん、店主さんの参考になれば幸いです。

在庫を資産に変える

ぜひ一緒に考えてゆきましょう♪

【関連記事】イベント集客
https://www.refs.jp/project/event/

キャンペーン事例

社長の右腕プロジェクト記事まとめ】
https://www.refs.jp/another-brain-of-management/

【おまけ】
進撃の巨人キャンペーン│ローソン
https://www.lawson.co.jp/campaign/shingeki/

コメダ珈琲×進撃の巨人
http://www.komeda.co.jp/campaign2018_2/

なか卯×進撃の巨人
http://shingeki.nakau.co.jp/


コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師
太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ