Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

年末集客 年末の安定売上商品をつくるには?( Xmasケーキ&おせち料理の売り方アイデア)

Xmasケーキ集客

こんにちは
レフズ 太田順孝です。

 

先日、コンビニでミニホールケーキを発見!

ケーキ屋集客

もしかして…Xmasケーキにつなげる「お試し販売」?と
想ったところ

Xmasケーキ販促

やっぱりそうでした!

この「苺のミニホールケーキ(509円)」から
「5号のXmasケーキ(3,657円)」に繋げるには
いくつかの布石が必要になるのですが、
試みとしては素敵だな♪ と感じました。

本日は、Xmasケーキ&おせち料理など
年末商品などをがっつり売るための
お話を。

お客さまの声refs
商工会セミナー講師
デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 【Xmasケーキ&おせち料理】
 年末の安定売上商品をつくるには?

 

 

冒頭のXmasケーキのように

どうして「お試しおせち料理」やらないのかな?

 

ずっと疑問に感じていました。

最近は、少しずつ増えてきたようですね。

 

お節料理を作って販売する側からすれば

「できるだけ豪華に見えるように」
「ウチのおせちなら、しっかりPRすれば買ってもらえるだろう」

という視点から
広告等の企画や制作をするのですが、
おせち料理を買う側の視点

・おせち料理に対する不安
・買おうかどうしようか迷っている理由 を

理解しない限り、
新規のおせち料理の注文はどれだけPRしても、
残念ながら増加しないでしょう。

 

 

おせち料理を買う側からすれば

いくら安心できる有名店や、
誰もが知っている百貨店で販売しているおせち料理でも…

やはり、2万円…3万円…5万円…の
年の初めに彩る、家族で囲むおせち料理は、
絶対に買って失敗したくない…

という心配があるのは当然です。

数年前、おせち料理をネット注文して
「とても残念なお節料理が届いた…」なんてこともニュースになりました。

 

サポート先の飲食店さんは
おせち料理の販売を年々伸ばしています。

今年も、
ほぼ予約で埋まりそうです
との女将からの連絡を頂きました。

おせち集客
※これはあくまでサンプルです

年末商品が
毎年予約で埋まる

この流れが出来るようになりました。

 

「 いつも行っている あのお店のおせち料理 」

↓↓↓↓↓↓↓

□□□□□□□□だったら買ってみようかな

↓↓↓↓↓↓↓

□□□□□□□□なので今年もモチロン買わなきゃ

サポート先の、
平均単価350円だった食品製造業店主も、
いまでは年末商品単価 1,500円のものが売り切れるようになりました。

その年に一気に売るのではなく
2〜3年かけて、年末の安定売上にしてゆくことが大切なんです。

今回の記事が
飲食店経営者さん店長さんの参考になれば幸いです。

キャンペーン事例

【売れる営業ツールはコチラ】
https://www.refs.jp/voicecat/tool/


コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ