こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

父の日集客 キャンペーンを考える前に必要なこと

父の日キャンペーン

こんにちは
レフズ 太田順孝です。

 

6月第3日曜日

アメリカから伝わってきた「父の日」。

父の日が、日本で広まり始めたのは、1950(昭和25)年頃と言われていますが、
認知度は低く一般的な行事として浸透したのは1980年代だそうです。

デパートなどが、販売戦略の一つとして父の日をイベント化したことが、
一般に広まったキッカケだといわれています。

 

さて、今年も「父の日キャンペーンの仕込み」が終了しました。

 

本日は「父の日集客キャンペーンを考える前に必要なこと」

というお話を。

お客さまの声refs
商工会セミナー講師
デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 父の日キャンペーンを考える前に

 

 

さて、今年も

●リフォーム業
●鍼灸院
●飲食店
●介護福祉関連

などの「父の日ギフト」の仕込みが、ほぼ終わりました。

経験上、9割の業種で「父の日ギフト」の企画が可能です。

●士業
●製造業
●不動産業

でも「父の日ギフト」の企画が可能です。

 

昨年の「父の日」の贈り物について

年代別で「父の日ギフト」に差があり、

父の日ギフト

20代~30代では「お酒」(20代:33.8%、30代:31.7%)、
40代~60代では「食べ物」(40代:31.4%、50代:25.0%、60代:35.7%)が最も高い結果に

また、
「父の日ギフト」にかける予算について

父の日プレゼント予算
 

「前年の父の日」と「今年の母の日」で平均予算額を比較すると、

 

「父の日」平均5,016円
「母の日」平均4,698円

 

となり、
「父の日」のほうが 318円高いという結果になっています。

 

 

父の日プレゼントはいつ選びますか(購入しますか)?

については、

●前日
●当日
●一週間前
●5月末頃から

など、様々なようです。

 

 

さて これまでは、
父の日プレゼントを贈る側へのアンケートです。

 

 

 ギフトを贈られる「お父さん」は、どうなのでしょう?

 

父の日プレゼントランキング

また
他の「父の日アンケート」では
父親が娘からして欲しいと思うことは? に対しては

「手書きの手紙をもらう」
「一緒に食事をする」
「一緒に旅行に出かける」
「一緒に買い物に行く」

などなど

「モノ」よりも「コト」の方が嬉しいという結果があります。

 

 

父親にとって
一番嬉しい「父の日」は

(1)一緒に食事に行って
(2)感謝の気持ちを込めて
(3)ちょっとしたギフトと共に
(4)手紙を贈る

これが、一番嬉しいのだと想います♪

上記(1)〜(4)+プレゼント予算をイメージしつつ、
10代〜60代どの層が贈るプレゼントを企画するのか?

これを基に、

●コストを掛けず
●在庫を抱えない

父の日プレゼントを考えてみてください。

 

「う〜ん、ちょっとイメージできないです…」

そんな経営者さん、店長さん
90%のお店や会社の「父の日ギフト」の商品開発や企画は可能です!

■■■ ご相談はコチラから ■■■

では、最後に質問です。
みなさんは父の日に

●何を贈る予定ですか?
●予算はいくらくらいですか?
●いつ頃、購入を考えていますか?

▼▼▼母の日などイベント集客するために必要なこととは?
https://www.refs.jp/sales-promotion/984/

【関連記事】イベント集客
https://www.refs.jp/project/event/

キャンペーン事例


コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師
太田順孝レフズ


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ