こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

POP集客テンプレート店頭看板 成功事例 「千とせ」の「肉吸い」を勝手に添削

集客POP講師が事例を紹介

zoom相談会レフズ太田順孝
補助金コロナ助成金

動画に関する相談が増えておりますが
POPや看板などの
アナログ販促・集客もコツコツ仕込んでいる毎日

今回の記事は、
来週予定の飲食店スタッフさんの
POP Web研修の事前予習として綴っております。

●お客さんを想いながらスタッフがPOPを考える
 ↓ ↓ ↓
●スタッフの想いがお客さんに届く
 ↓ ↓ ↓
 (中略)
 ↓ ↓ ↓
●クチコミとリピートが増える
 ↓ ↓ ↓
 (中略)
 ↓ ↓ ↓
●巡り巡って「質の良いお客さん」のみが集まる

この流れを意識して、POP研修いたします!

I社長よろしくお願いいたします♪

・・・・・・

先日、コンビニに入ると
ドン!と、沖縄の古民家「ヒンプン」のように
入口に大きな置き式POPが目に飛び込んできました。

 千とせ肉うどんセブンイレブン

スタッフさんが
忙しいなか一生懸命
製作しているのでしょうね、きっと。

素晴らしい!

設置の位置も最高!!

大きくて見やすくて、目に留まる!!!


職業柄
こういうPOPや看板など…
街の販促を目にすると、

せっかく
時間を費やして作るなら

もう少し
こうすれば良いのに…

ここを変えれば
お客さんを呼び込めるのに…

レイアウトを少し変えれば…

そう想いながら
ついつい勝手に脳内添削してしまいます。

こんな脳内構造のため、
街を歩くと脳内がフル稼働してしまいます。

・・・・・・

さて

この
大阪の行列のできる有名店
「千とせ」浪花の肉うどん

  私も大好きです♪
  出たら買いますね!

https://news.yahoo.co.jp/articles/57640defaf3f20c8b97553330c3edd7cc244b382

https://namba.keizai.biz/photoflash/9587/

▼今回こっそり、脳内添削の結果を「見える化」してみました。

POP講師 zoom添削
POPセミナー講師

まず

●肉うどん → 肉うどん・肉吸い

の表記が良さそうかと

●「千とせ」=「肉吸い」の方が強いイメージかと

大阪(関西)以外の場合は「肉うどん」でしょうが、
大阪だったら「肉吸い」の表記でしょうね。

 

そして、
POPで一番の集客要素

 写真(イラスト)は重要!

 写真(イラスト)は大きく!

文字だけでは、人はイメージしづらいもの

写真の情報量は、
文字の何百倍もの情報量です。

大きく写真を使えば
そこに目が行きます

 ↓ ↓ ↓

「美味しいそう♪」

「食べてみたい!」

 ↓ ↓ ↓

 食べる自分をイメージしてもらう
 買う自分を想像させた□□状況設計

 ↓ ↓ ↓

視線設計をしつつ
写真を中心に「買う理由づくり」を添えてゆきます。

例えば

ウーバーイーツや
出前館で頼めなくても
ご自宅で名店の味+インスタ投稿ネタに

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

このような
「購入理由」「手に入るもの・楽しみ方」を
吹き出し等で貼り付けても良さそうです。

・・・・・・

特に、まだ「現物」がなく
事前告知などの場合は

写真や
イメージできるイラストは重要です。

本日は、

POP集客テンプレート店頭看板 成功事例
「千とせ」の「肉吸い」を勝手に添削

について

 

sns集客記事まとめ

オンライン相談集客

補助金コロナ助成金

こんにちは
クチコミ+リピート集客の専門家
レフズ 太田順孝です。

具体的には

リピート・クチコミが増える名刺
クチコミが拡がるYouTube動画
売れ続けるリピートのアイデア・企画 

「質の良いお客さま」が集まるシナリオづくり などで

皆さんのお役に立てるよう
日々研鑽しております。

売上の約90%が、
リピート・クチコミ+年間契約のお客さんからのご依頼です。

「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、
クチコミやリピートが少ないと…ウソになっちゃいますからね。

お客さまの声refs

 

 

 

 POP集客テンプレート店頭看板 成功事例
 「千とせ」の「肉吸い」を勝手に添削

 

 

もう少し専門家として付け加えると

大事なのは「視線の設計」

 同じPOPや看板でも、
 横書き・縦書きによって
 レイアウトが変わりますが

 

縦書きは「上下」に視線が動く
縦書きは「左から右へ」に視線が動くため

それを理解して
レウアウトする必要があります。

 

このようなPOPや看板
もちろんチラシやパンフレット

上から順番に読む人は少ないですから

その辺りを考えて「視線の設計」は重要になります。

集客POPは視線設計が重要

▼チラシも同じです

売れるチラシは◎◎◎◎が大切!見てもらえる集客チラシ作成のためのヒント

ちなみに
人の視線が集まる素材として

【1位】写真(人の顔)

【2位】写真(食べ物)

【3位】写真(その他)

【4位】イラスト

【5位】グラフ・表

【6位】文字(大きい・太い)

【7位】文字(小さい・細い)

ヒトが本能で目で追ってしまう、優先順位(素材)です。

もちろん、
【1】顔の写真より【6】大きな文字を見せたい場合のレイアウトデザインもありますが
一般的な目安です。

・・・・・・

そもそも、このようなPOPや販促物の作成

「お客さんに買ってもらう」=売上を上げる目的

ある意味の誘導設計なのですが

「少し視点を変える」こと
「思考を変える」ことで

見違える結果につながることが多いですね。

 

次回のPOP研修で
その辺りをがっつりお伝えさせて頂きます♪

下記、これまでの成功事例のひとつに過ぎませんが
写真やイラストを活用したテンプレートです。

参考になれば幸いです。

集客POPテンプレート

集客POP成功事例テンプレート

スーパー コンビニ集客 クチコミ・リピートが増えるPOP事例

 

 

 店内POPや店頭POPは
 一番、結果の出やすい販促ツール

 

 

新規集客!

そのためには
多かれ少なかれ
時間とコストが掛かります。

 

だったら
今日、お店に来店してくれたお客さんに

「あ!これも ついでに買おう」

「このセット(コース)でお願いします」

など

◎いつもの購入額+α

または

◎いつもより少し高い顧客単価♪

そちらの方が
時間とコストは
ほとんど掛かりません。

新規集客には
多少なりとも広告経費と
成果につながるまでに時間が掛かりますからね。

 

◎いつもの購入額+α
◎いつもより少し高い顧客単価♪

これを実現してくれるのが

●店内POP であったり
●接客術  であったり
●顧客単価アップのシナリオ

だったりします。

一番カンタンなのが

●店内POP
●店頭POP 

POPは特に

飲食店や物販・店頭販売、
美容室・サロンや治療院など

効果が出やすい業種は多いですから
ぜひ早速試してみてください。

 

いますぐ
手書きでPOPをつくれば、
基本コストゼロ!

いや
紙代とペン代と
あなたが掛けた時間コスト!

は、
かかりますが

 

トライ&エラー

やってみてダメなら

すぐに
変えてみて
再度試してみる

これが
繰り返せることが
何よりの強みです!






このPOPの作成
あなたがする必要もなく

スタッフさんが喜んでPOPづくりをしてくれる仕組み

があります。

それもまた、別の機会に綴ろうと想います♪

 

 

sns集客記事まとめ

今回の記事は
しばらくお逢いしていない
F社長を想いながら綴ってみました。

最近、いかがでしょうか?
また、ランチご一緒しながら、お話できれば嬉しく想います。

もちろん
ここまで読んでくださった皆さまの お役に立てば幸いです。

補助金コロナ助成金

【社長の右腕プロジェクト記事まとめ】
https://www.refs.jp/another-brain-of-management/


sns集客セミナー講師

>>https://www.refs.jp/seminar-2/2116/

YouTube動画でクチコミ・リピートを増やす技術(公益社団法人 南納税協会 主催)

sns集客記事まとめ

オンライン相談集客

オンライン個別相談(初回のみ:返金保証あり)

 

リピート集客クチコミ集客ブログ

コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

小規模事業者持続化補助金コロナ対策

▼新型コロナウイルス感染症関連

経済産業省の支援策

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

▼新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援
https://corona.go.jp/action/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ