こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

映像研には手を出すな!金森氏の名言とビジネス論+セルフプロデュース力について

映像研究 金森氏の名言

私が好きなのは金じゃなく

利益を出す活動です。

扱いやすくしたものです。

 

by 映像研には手を出すな

      (金森さやか)

 

 

お金儲けが好きな
キャラクターと想われがちな
金森氏(金森さやか)

 

マネジメント力が高く
ビジネスセンスのある彼女の言葉や行動には
時々ハッとさせられることも

先日アニメも最終回を迎え
今後、ドラマ映画も展開される

「映像研には手を出すな!」
http://eizouken-anime.com/

ご存知でしょうか?

 

映像研には手を出すな!

【浅草みどり】アニメは「設定が命」・抜群の観察眼と想像力を持つ
【水崎ツバメ】カリスマ読者モデル・アニメーター志望
【金森さやか】美脚でCOOLで、お金を集める力・マネジメント力を持つ

電撃3人娘が想像の翼を広げ「最強の世界(映像)」を創り出す!
ダンジョンへ!戦場へ!宇宙へ!
苦しくイバラの制作の道+人生の喜びに満ちた日常の「世界を生きる少女らの冒険活劇」。

 

 

 

こんにちは
クチコミ・リピート集客の専門家
レフズ 太田順孝です。

具体的には

リピート・クチコミが増える名刺
クチコミが拡がるYouTube動画
売れ続けるアイデア・企画 などで

皆さんのお役に立てるよう
日々研鑽しております。

売上の約90%が、
リピート・クチコミ+年間契約のお客さんからのご依頼です。

「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、
リピート・クチコミが少ないと…ウソになっちゃいますからね。

本日は
セルフプロデュース力が学べて
経営(運営)についても参考になる
「映像研には手を出すな!」での名言などのお話を

SNS集客記事まとめ

▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 

 映像研には手を出すな!
 金森氏の名言とビジネス論+
 セルフプロデュース力について

 

 

会社もお店も

売る人がエライのではなく
考える人、つくる人、まとめる人、
それを必要とする場所に届けてくれる人があってこそ

 

商品・サービスがお金に変わり
関わるみんなの生活とモチベーションが保たれる

ついビジネスで忘れがちなことを
感じさせられる作品です。

 

この「映像研」の中で
マネジメント力の高い
金森氏(金森さやか)の言葉や行動が
なかなかイイのです。

 ●がむしゃらに走るメンバーを
  冷静に客観視
 ●でも心に熱いモノを持っているキャラクター
 ●クリエーター・創作職人の
  職人魂・モチベーションを
  叱咤激励(でも冷静)・
  管理して目標達成

アニメは
作り手(アニメーター)だけでは成り立たない
みんなで作り、束ねるもの

それを示してくれます。

 

金森氏は、
例えるなら「宮崎駿監督における鈴木敏夫氏(ジブリの名物プロデューサー)」

 

自分のビジネスに置き換えられる名言5つ+1
ピックアップしてみました。

 

 

 

「誰も知らねえ店に、
 客が来るわきゃないんだ」

 by 映像研には手を出すな
       (金森さやか)

 

 

 

 

「私はその昔、一軒の酒屋が消滅する現場を見た!」

から始まる金森氏のエピソードは
金森氏が子どもの頃に手伝っていた老舗酒屋は
立地が悪いながも、お客さんのために地道な努力をする。

しかし、宣伝をしていなかった為、
「もっと早く知っていたら、仲間にも宣伝できたのに」と
お客に惜しまれながらも閉店。

このセリフの後には
このような言葉が続きます。

「誰も知らねえ店に、
 客が来るわきゃないんだ。

 店や商品の充実だけに
 こだわっても意味が無い。

 時代に合った需要と供給
 そして宣伝!

 良い店なら自然と客が来る
 などという考えは甘い!!」

 

「宣伝なくして商売は成り立たない!」

「こだわりだけじゃなく、
 客の購買意欲を
 かきたてる内容を考えろ!」

 

全く金森氏の言う通りですね。

「まず、知ってもらうこと」

「食べてもらえればわかる」
「使ってもらえたら納得してもらえる」

よりも

「まず、知ってもらうこと」

 

ビジネスにおいて
謙虚な姿勢は大切ですが

「謙虚さ」は接客などの顧客満足要素として、
「宣伝・告知」は、お店が在り続けるための活動。

必要な売上(利益を残す)を出すことが大切。

冒頭の

 

 私が好きなのは金じゃなく
 利益を出す活動です
 金は価値を
 扱いやすくしたものです

 

「お金!お金!」と
執着するのに違和感ある経営者は
この言葉を100回唱えてみてください。

少しは意識が変わると想います♪

 

 

 

「世間に作品を
 認めてもらうには、
 明るいところに
 行くべきなんですよ」

 by 金森さやか

 

 

これも先程の名言と同じく

良い商品・サービスを提供していれば、
世間が見つけてくれて、
誰かが認めて広めてくれるのではないか…

そんな考えを一蹴する言葉。

あなたのビジネス・商売にとって
「明るいところ」は何処か?

これを一度
手を止めて
思考を動かす必要があります。

 

 

 

「そこにあっちゃ
 いけねぇんだよ」

 by 金森さやか

 

 

「こん中にある(アイデアは頭ん中にある)」

と言う
「アニメは設定が命」の浅草みどりに対して放った一言。

アウトプットしなければ、
存在しないのと同じなんです。

頭の中に妄想として温めていたものが

SNSやテレビ・雑誌で同じようなアイデアを見て

「あ!コレ自分が考えていたヤツ!」

と、何度も感じたことのある方は
そこを改善しないかぎり「同じことの繰り返し」です。

ひとりで実現できないなら
パートナーや仲間を持つ(探す)など
方法はあるハズです。

その素敵なアイデアは

「そこ(頭の中)にあっちゃいけねぇんだよ」

また誰かに
先を越されますよ!

 

 

 

「求める人を救い上げ、
 取りこぼしを
 効率良く拾い上げるのが、
 我々の稼ぎ方になる。」

 by 金森さやか

 

 

実はこれ
もの凄くビジネスの真髄。

「求める人(顧客ニーズ・顧客潜在ニーズ)」を把握して
そこに届くようにPRする。

もっと重要なのが「取りこぼし」

ここはいつも
セミナーなどでお話している部分なので
今回は深くは綴りませんが

「取りこぼし」を「効率良く拾い上げる」

個人的は

「取りこぼし」を効率良く拾い上げ
求める人を

 

 

 

「先行投資です。」

 by 金森さやか

 

 

第1話で
いちご牛乳まみれになった水崎ツバメの制服の洗濯代を
金森氏が出したときのセリフ。

金森氏は、お金にキッチリした性格の持ち主。
にも関わらず、「先行投資です」と自らお金を出していました。

普段は倹約していても

「ここぞ!」というときに
しっかり時間とお金を投資できる態勢と心構え
必要ですね。

 

 

チャンスはいつかやって来る。

 シェイクスピア(劇作家・詩人)

 

コロナウィルス対策相談室

▼コロナウィルス対策関連記事
https://www.refs.jp/sars-cov-2/

SNS集客記事まとめリピート集客クチコミ集客ブログ

今回の記事が
経営者さん・店長さん・広報担当社さんの参考になれば幸いです。

●【クチコミ集客に関する記事│まとめ】
https://www.refs.jp/sales-promotion/reviews-customers/

●【集客チラシ等に関する記事│まとめ】
https://www.refs.jp/sales-promotion/flyer/


sns集客セミナー講師
>>https://www.refs.jp/seminar-2/2116/

zoom相談会オンライン相談 集客 集患
お客さまの声refs
コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

▼「映像研には手を出すな! 」実写版の映像解禁。4月5日ドラマ放送、5月劇場公開
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1243146.html

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ