Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

畳店 折り込みチラシ会議 新聞折り込み25000枚の結果は…

畳屋チラシ会議

こんにちは
レフズ 太田順孝です。

 

畳屋さん 折り込みチラシ結果

某(土)1回目 市内…11,000枚/市外…5,000枚
某(土)2回目 市内…9,000枚

【受注數】  15件
【総売上金額】202万円+他工事20万円

これが良い数字かどうかは、ひとそれぞれ。

ただ、チラシ配布後

「あぁ今回は、イマイチだったね」
「時期(や内容)が良くなかったのかな?」

と、ついついチラシや販促をやりっぱなしは
一番勿体無いパターンです!!!!!

1度行動すれば、
その結果は「他にはない唯一無二の独自データ♪

成功しようが
イマイチだろうが
次に活かせる貴重なデータなワケですね。

やりっぱなしではなく
折込チラシ(販促)の結果に対して
「分析」→「追求」→「仮説(予測)」→「改善」が重要です。

『 そんなのわかってるんだけどね… 』

わかります!わかります!

なかなか、個人事業主さん&ひとり親方、
小規模事業経営者さんにとって「振り返り」の時間って
なかなか取れないですよね。

折り込みチラシの結果に対し

【受注數】
【総売上金額】
【売上単価】
【年齢別│受注詳細】
【エリア別売上】などなど

一緒に考えてくれる相手と
そのための時間を取らないと難しいですね。

本日は
そんな個人事業主さん&ひとり親方、
小規模経営者さん

『 わかってるんだけどね… 』

ちょっと耳の痛いお話を。

お客さまの声refs
商工会セミナー講師
デザイン料金について
▼「refsに頼んだ理由」お客さまインタビュー
https://www.refs.jp/voice/
原稿執筆や講演のご依頼はコチラ
https://www.refs.jp/contact/

 

 

 畳屋さんと
 ネット会議

 

 

その前に、先日こんなことがありました。

さて
畳屋さん 折り込みチラシ結果

某(土)1回目 市内…11,000枚/市外…5,000枚
某(土)2回目 市内…9,000枚

【受  注】15件
【売  上】202万円+他工事20万円

【売上単価】
【年齢別│受注詳細】
【エリア別売上】などなど

それぞれの結果を
細かく分析しながら「ネット会議(ビデオ会議)」で
今後の方向性などを確認

●いま、何をするべきか?
●今後に向けて、何をしてゆきたいか?+何をするべきか?

など、画面越しに顔を合わせながらの約60分

「ネット会議(ビデオ会議)」最高です♪

グーグルハンググアウト google hangout
Google Hangouts
https://hangouts.google.com/

ビデオ会議

これメールだと、

●文章にしている時間がお互いもったいない
●問題意識が、プチプチ切れてしまう

「ネット会議」
Googleさん、最高です♪

顔を見ながらだと
こんなこともできますからね♪

こうして、現地へ行くことなく
クライアントさんの表情を確認しながら
遠距離ミーティング

通話量も無料の「ビデオ会議」
Googleさん!最高です♪ 感謝しています。

でも現地へ行くことがいちばん大切。

特に
地域の人がお客さんのエリアビジネスは、
「その街の空気感」を知っていることが大切。

「その街の空気感」「地域性」を知っていることで
提案やアドバイスが変わってくるからです。

  Aの地域で成功した事例が
  Bの地域で成功するとは限らない

  でもCの地域で成功した事例が
  Bの地域とよく似ているので…と

  その地域に合った最善を提案することが
  私の仕事に他ならない

  例えば
  折り込みチラシでも
  Aの地域とBの地域では
  一番伝えなければならないことが
  変わってくる場合があります

  「地域性」「環境変化のスピード」
  「地域共通意識」「地域適正価格」であったり

  でもそれは
  そこにいつもいる個人事業主さん&ひとり親方、
  小規模事業経営者さんには見えづらいこと
  

確か、
幕末の立役者・坂本龍馬が江戸城に行った際

  江戸の門番(見守り)は、年寄りばかりじゃのう
  的に攻めて来られた、ひとたまりもないき

と、言ったとか。

これ、平和な江戸城に毎日勤めているお侍さんや
江戸に住んでいる人達は気づきません。

その場にいるからこと「見えないこと」
その場所にいるからこそ「感じていること」があるワケで

同じように
クライアントさんの商圏(お商売している地域)を
一緒に見て感じることで、
外部の私が気がつくことたくさんあります。

その「見て感じた街」をイメージしながらビデオ会議。

●あそこの競合店が移転した(リニューアルした)
●近所に◎◎◎◎が出来て、めちゃめちゃ流行っている
●隣街に大きなショピングモールが出来て、人の流れが変わった

こんな話も交えながら、

●いま、何をするべきか?
●1年後までに「やっておくべきこと」
●3年後に向けて、何をしてゆきたいか?+何をするべきか?

メールのやり取りでは伝えづらい
こんなことも話ながらできるので有難い限りです。

今後も、地域のために頑張る
畳屋さんのために最善をつくしてゆきます!

畳屋チラシ集客事例
sns集客記事まとめ


コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師


この心斎橋シェアサロンを運営している一般社団法人の理事を勤めており
週2~3日は、この場所にいます。(打合せや会議に参加している場合は不在)
お気軽に遊びにきてください。

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ