こんにちは。refs(レフズ)太田順孝と申します。売上げの85.2%が、年間契約クライアントと2年以上お付き合いのあるリピーターさんからの受注で成り立っている「企画+デザイン事務所」です。 お客さまインタビュー随時更新中です

「販促企画+リピート集客術」のrefsブログ

ブックオフ閉店〜閉店してもリピート客を増やすためお店の仕組みづくり

ブックオフ閉店なぜ

zoom相談会レフズ太田順孝
補助金コロナ助成金

年齢を重ねるほど
「学ぶこと」「考えること」「感じること」が大事になる。

 

さまざまな体験や知識が身につくほど
新しい環境に順応しにくくなる。

「新しいこと」を学ぶことが面倒になったり…
「新しいもの」に何も感じなくなったり…

それが成長・変化を抑えてしまう。

そして、
今に合わない常識に囚われる。

これがとても恐ろしいこと。

 

先日、S社長と打ち合わせの際、

「最近、ブックオフがどんどん閉店していますよね…」

という話題に。

ブックオフ閉店なぜ
以前は、こちらのBOOKOFFでよく購入させて頂きました

それを聴いたときに

「へぇそうなんですね」

と、お答えすると同時に

「なぜでしょうねぇ」

と、その要因を脳内検索。

 

すぐに辿り着いた思考は

「ブックオフに売るのではなく、メルカリなどのフリマアプリで流れているのでは?」

 

以前に、自分の書棚の本を
ブックオフに売りに行ったとき

………………………

買取価格

 ◯◯◯ 10円
 ◯◯◯ 20円
 ◯◯◯ 10円
 ◯◯◯ 50円
 ◯◯◯ 100円
………………………

新品で買った本だったのですが
このような買取額で
ちょっと、がっかりした記憶があります。

ブックオフの買取基準は、基本「発売日」

 

古い本の、買取額は安く
新しい本の、買取額は高め

その方が

スタッフの買取作業の作業が短縮されるから

書籍や音楽・映像・ゲームといったソフトメディアほとんどが、
その判断+価値基準。

 

「この本(ジャンル)は価値があるから…高く売れる」

の査定(買取)ではない。

 

「まんだらけ」「せどり」など
「古書取り扱い」「古本屋さん」的な価値提供ではないこと。

つまり、手元の本が

ブックオフでは、10円
メルカリでは、200円で売れるなら
(応対と発送手間はかかりますが)

メルカリで売る方を選ぶ人が多くなったのでは?



辿り着いた思考

「メルカリなどのフリマアプリで売る人が多くなったのでは?」

に一旦着地。

………

日本の家の全ての本棚に眠る本をマーケットと考えて
お家まで出張買取に行きますよ!

これが、ある時期まではニーズが高かった。

でも

コロナ=お家時間が増え→自宅整理

が、一段落した。

と、瞬間的な思考に至りました。

さて

ここから「裏ドリ」、

S社長と一緒に

スマホ検索(プチリサーチ)してみたところ…

 

さて本日は

閉店しても
リピート客を増やすためお店の仕組みづくり

について綴っていきますね。

 

sns集客記事まとめ
オンライン相談集客

補助金コロナ助成金

コロナ期間中は
動画に関する相談が増えつつありますね。

こんにちは
クチコミ+リピート集客の専門家
レフズ 太田順孝です。

具体的には

リピート・クチコミが増える名刺
クチコミが拡がるYouTube動画
売れ続けるリピートのアイデア・企画 

「質の良いお客さま」が集まるシナリオづくり などで

皆さんのお役に立てるよう
日々研鑽しております。

売上の約90%が、
リピート・クチコミ+年間契約のお客さんからのご依頼です。

「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、
クチコミやリピートが少ないと…ウソになっちゃいますからね。

お客さまの声refs
sns集客記事まとめ

 

 

 ブックオフ閉店〜
 閉店してもリピート客を
 増やすためお店の仕組みづくり

 

 

S社長と一緒に

スマホ検索(プチリサーチ)してみたところ

どうやら「ブックオフアプリ」が浸透している模様。

買取予約を行うこともできる
店頭買取のほか宅配買取・出張買取・店頭出張買取

まで
非対面でできる流れができつつあるようです。

つまり、

(1)「実店舗」という窓口が、それほど必要なくなった

(2)ネットでも「欲しい古本が買えるようになった」

(3)ブックオフポイント+αという通貨(経済圏)の構築(構築中?)

(4)その後の事業展開を…

(5)◯◯◯
    ・
    ・
    ・

 

環境を整えつつ、そちらの方向に向かっているのでは?

そのような思考が巡ってきました。

(確かなことは、経営陣にしかわかりませんが)

 

K社長は「すごい妄想力!」

と、仰ってましたが

視点によっては

ブックオフの閉店ラッシュは

 「固定経費の見直し」→ 実行

 決済システムの整備と
 次のマーケット(経済圏)を見据えた閉店計画…

 NFT視野を意識しつつ…

 いやいや単なる

 黒字化のための閉店?

そのような、お話をしつつ
S社長の商売の「次のシナリオ」を作る時間になりました。

 

●BOOK OFF アプリをダウンロード

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●お客さんのスマホへ直接アプローチ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●来店しなくても販売できる
=お客さんがスマホから問い合わせ
=お客さんがスマホで買ってくれる(店舗不要の思考)

つまり

●顧客リスト(アプローチ先)さえあれば
「お店を閉店」してもリピートされる仕組み構築

( ※ブロックされないアプローチを続ける必要性 )

 

もちろん、アプリがなくても
「閉店してもリピートが増える仕組み」
「店舗がなくてもリピートされ続けるお店の構築」は考えられます。

先日も、
WebとSNSが苦手な経営者さんから相談
→企画・提案「リピートされ続けるお店の構築」
→ご理解・納得くださいましたので

───「顧客リスト」が何より重要 ───

このような話をすると

  老舗が「顧客台帳」を火事に井戸に投げて…

古い商売論?と感じるかもしれませんが、
極論は

  売り先があるだけで

  商売は成立する

また

  「必ず買ってくれる売り先」を

  1つでも多く持っているだけで

  お店がなくても商売は常に成立する

  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

「閉店してもリピート客を増やすためお店の仕組みづくり」の軸はここ

 

S社長と、この概念を共有しながら
「質の良いお客さまのみ集めるためのミーティング→実行策」

とても充実した時間になりました。

 

さて、ここで質問です

あなたの業界…
商売・ビジネスは

 半年後

 1年後

 3年後

「このような状況になるだろう」と、1つでも多くイメージされていますか?

どのような広告集客が主流になり〜支払いの流れになっていると想いますか?

また
競合他社または
どのような異業種がライバルになっているでしょうか?

===

年齢を重ねるほど
「学ぶこと」「考えること」「感じること」が大事になる…

●この記事の冒頭に戻る

 

コロナでの集客相談webミーティング

今回の記事は
しばらくお逢いしていない
K会長を想いながら綴ってみました。

最近、いかがでしょうか?
また、ランチご一緒しながら、お話できれば嬉しく想います。

もちろん
ここまで読んでくださった皆さまの お役に立てば幸いです。

補助金コロナ助成金

【社長の右腕プロジェクト記事まとめ】
https://www.refs.jp/another-brain-of-management/


sns集客セミナー講師

>>https://www.refs.jp/seminar-2/2116/

YouTube動画でクチコミ・リピートを増やす技術(公益社団法人 南納税協会 主催)

sns集客記事まとめ

オンライン相談集客

オンライン個別相談(初回のみ:返金保証あり)

 

リピート集客クチコミ集客ブログ

コンサルタントに連絡する
名刺セミナー講師

■お問い合わせなどはコチラ
https://www.refs.jp/contact/

小規模事業者持続化補助金コロナ対策

▼新型コロナウイルス感染症関連

経済産業省の支援策

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

▼新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援
https://corona.go.jp/action/

▼新型コロナウイルス感染拡大「あなたに合った支援は?」

https://mirasapo-plus.go.jp/covid-19/


▼現在のお困りごとから制度を探す

https://mirasapo-plus.go.jp/covid-19/purpose/

カテゴリ category

ブログ BLOG

refsへのご相談はこちら

refsへのご相談はこちら

refs facebook

refs facebook

ページの一番上へ